【コロナ休演配信】おうちで文楽鑑賞: 国立文楽劇場資料映像youtube公式で無料公開【ステイホーム】

こんにちは。らら子です。

文楽も歌舞伎も休演延長がきまって寂しい今日この頃。みなさまSTAY HOMEでお元気ですか。

3月の国立劇場歌舞伎公演が国立劇場youtube公式チャンネルで公開されて、歌舞伎ファンのみなさま大喜び。

文楽ファンは指をくわえてみておりましたが、ついについに文楽の動画も公開されました!

youtubeの動画をリンクします。もし再生できなかったら「この動画は YouTube でご覧ください。」をクリックして直接アクセスしてみてくださいね。

2019年の大阪の国立文楽劇場の通し狂言『仮名手本忠臣蔵』のダイジェスト版はこちらからどうぞ。

https://bunrakukimono.com/stayhome-chuushinngura-6648




おうちで文楽:【期間限定】文楽『壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」』

平成31(2019)年1月に国立文楽劇場で上演された「壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」の公演記録映像が公開されました。

有名な「阿古屋琴責の段(あこやことぜめのだん)」です。人形とは思えない指先の動きはもちろん、緊迫した雰囲気の中だんだんノリノリになってくる悪いサムライ岩永左衛門なども見どころです。

ご出演は以下の方々です。

太夫:津駒太夫(現・錣太夫)さん、織太夫さん、津國太夫さん、小住太夫さん、碩太夫さん
三味線:清介さん、清志郎さん(ツレ)、寛太郎さん(三曲)
人形:阿古屋が勘十郎さん(左遣い:一輔さん)、畠山重忠が玉志さん、岩永左衛門が文司さん、榛澤六郎が玉佳さん

今回の公開にあわせて太夫の語り(詞章)も表示されています。これは初心者の方にも便利ですね。



おうちで文楽:国立劇場2月文楽公演 桐竹勘十郎さんが語る阿古屋の魅力【三曲の秘密篇】

こちらは東京・国立劇場平成31(2019)年2月の公演に合わせて、『壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)』阿古屋(あこや)琴責(ことぜめ)の段。遊君(ゆうくん)阿古屋を遣う桐竹勘十郎さんが、三曲(琴・三味線・胡弓)を弾く人形の秘密について語りました。




おうちで文楽:国立劇場2月文楽公演『壇浦兜軍記』竹本津駒太夫さん

こちらは東京・国立劇場平成31(2019)年2月の公演に合わせて、『壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)』阿古屋(あこや)琴責(ことぜめ)の段。遊君(ゆうくん)阿古屋の役を勤める竹本津駒太夫(現・錣太夫)さんからのメッセージです。





おうちで文楽:【期間限定】「吉田玉助の系譜」

国立文楽劇場資料展示室 映像コンテンツ「吉田玉助の系譜」(平成30年制作・12分)では、吉田玉助さん襲名を記念して、玉助さんの系譜をさかのぼり、先代、先々代の玉助さんの舞台姿などが見られます。




おうちで文楽:【期間限定】「舞台の上で生きる女方」

国立文楽劇場の資料展示室の企画展示「文楽人形 衣裳の美」で上映されたオリジナル映像コンテンツです。(平成30年制作・15分)

吉田簑助さん、吉田和生さん、桐竹勘十郎さん、豊松清十郎さん、吉田一輔さんのお姿が見えますね。




おうちで文楽:【期間限定】「開場三十周年から三十五周年へ ~文楽の5年間~」

国立文楽劇場企画展示室「開場三十周年から三十五周年へ ~文楽の5年間~」で上映されたオリジナル映像コンテンツです。(平成31年制作・12分)

大名跡の襲名、名人の引退や逝去など大きな出来事が続きました。





おうちで文楽:【期間限定】「竹本津太夫の至芸」

国立文楽劇場資料展示室で上演された映像コンテンツです。(令和元年制作・10分)
文楽ファン歴の浅い私は津太夫さんの舞台姿を初めて拝見しました。貴重な映像資料をありがとうございます。

また劇場で生の舞台を拝見できる日を楽しみにしています。
それまで、文楽ファンのみなさま、技芸員のみなさま、劇場関係者のみなさま
STAY HOMEでご安全に!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする