電子ピアノ買い替えの体験談と注意点:廃棄処分?粗大ごみ?引取?ネットショップ?楽器店?トラブルと意外な結末!

こんにちは。らら子です。
実はわたくし2020年末に新しい電子ピアノを買いました。

これでステイホームも快適。買い替えなので古い電子ピアノは廃棄処分したんですが、引き取り料金について業者とちょっとしたトラブルっぽい落とし穴がありました。

皆さんも気にしてもらえればなと実話を体験談としてお話しようと思います。




電子ピアノ買い替え:コロナ禍なのでネットで品を選ぶ

長年使っていた電子ピアノがガタが来たので、新しいのを買うことにしました。

もともと持っていた電子ピアノは店頭で選んだものでしたが、新型コロナ感染拡大もこわいので、ネットで選ぶことにしました。

私の希望はピアノに近いタッチの88鍵なので、それなりのお値段。

10万円台から30万円台で、YAMAHA(ヤマハ)、 KAWAI(カワイ)、 ROLAND(ローランド)といろいろ見てみましたが、ネットの評判がいいのはCASIO(カシオ)でした。

電子ピアノは電子機器ですから、必ずしもピアノメーカーがいいとは限らないですよね。

メーカーの公式サイトを読み込んで、ネットの評判を参考にして、デモ動画も見て、清水の舞台から飛び降りるつもりで30万円前後のとある商品に決めました。




電子ピアノ買い替え:電子ピアノはどこで買う??

商品が決まったら次は購入です。チョイスは以下の3つです。

・楽器店の対面販売
・家電量販店
・楽器店のネットショップ

コロナ禍なので対面販売はちょっと抵抗があったのでネットで購入を検討。
電化製品なので会員カードを持っているなじみの家電量販店を探しましたが、品切れでした。

今、電子ピアノは世界的に品薄なんですよね。

次は、〇天で楽器店のネットショップを見比べてみます。お値段は似たり寄ったりです。一番安いA楽器店ネットショップに決めました。

知らない名前のところでしたが、どうせ工場直送なので品質に問題はないでしょう。ポイントもつくし、人件費がない分、安く上がりそうです。

おまけに楽器のお手入れセットもつけてくれるといいます。




電子ピアノ買い替え:中古電子ピアノの処分方法:下取り?廃棄?

ネットで楽器店のサイトを見比べると、どこも配送料設置料金は無料でした。次は、今持っている電子ピアノの処分方法です。

そうなんですよ、新規で電子ピアノを買う時には考えなくてもいいんですが、中古の電子ピアノを処分しないと次の電子ピアノが入らないのです!

しかも、ガタが来ている古い電子ピアノなので下取りしてもらえるような代物ではないので廃棄一択です。友達がもらってくれると言われたのですが、それもちょっとはばかられる代物。

これがアコースティックの本物のピアノだったら寄付することもできるんでしょうけどね。

古いピアノの引き取り+廃棄は見積もりが必要ということで、購入の際に、住所氏名の他に処分希望の電子ピアノの型番を入れて送信しました。

型番がどこにあるかと思ったらピアノ本体の裏。壁と本体の間に入り込んでみてきましたよ。ついでにほこりもきれいにしました。




電子ピアノ買い替え:引き取りと廃棄処分料金はいくら?A楽器店ネットショップの見積もり金額にビックリ!

A楽器店ネットショップの受付フォームで送信してしばらくすると、A楽器店ネットショップネットショップから購入を受け付けたとメールが届き、見積額が届きました。

見積もりの目安といいつつも、届いたのは以下の数字です。

  • 引取りから廃棄までが6,000円(税別)
  • エレベーター使用の場合……引取り階が1階あがるごとに2,000円(税別)
  • 階段使用の場合……階段を使用の場合3,000円(税別)

※「ご了承いただけます場合、メーカーへ引取り込みでオーダーとなります。※引取り料金につきましては、ピアノ設置時直収となります。」

はい?

設置組立料は無料なのに?

エレベータに載せて降りるだけでこんなにかかるの?
エレベータの1回ボタンを押すだけなのになぜ階数が関係あるの??

これって、例えば20階とかに住んでたら、(6000+2000×20)×1.1= 50,600円ってことですよね。

とても納得できません!!(もういっそ階段で降りてと思いました)




電子ピアノ買い替え:A楽器店ネットショップの新たな引き取りと廃棄処分金額に二度ビックリ!

見積金額に納得できないので、A楽器店のネットショップ担当に直接電話で問い合わせて話をすると、担当者が業者にもう1回確認することになりました。

さて、翌日別の担当者から電話連絡がきました。

今度は、「引取り料が6000円(税別)+廃棄料が6,000円(税別)で一律です。階数関係ありません。」とのことでした。

つまり引き取り料+廃棄量が税込で13200円ってことです。

えーと、安くはなりましたが、だったら最初の見積もりメールは何だったの??もしかしてあのめちゃくちゃな設定でOKして買ってる人もいるってこと??

もうくらくらしてよくわかりません。

どうしてこんなに数字が違うのかと聞いてみても、別の担当者なのでわかりませんというし、今注文しても入荷はいつになるかわかりませんとの答え。

申し訳ないですが、購入希望はいったん保留にしました。高いお買い物なので、不信感が芽生えてしまうとつらいのです。

まだ発注前でキャンセルは問題ないと、軽い感じの返答。翌日お断りのメールを入れました。楽器店Aからはキャンセルの承諾とお役に立てずに申し訳ありませんという定型メールがきました。

うーん。ネットで唯一生身の人間と接点があったところでケチがついた感じです。残念。




電子ピアノ買い替え:古い電子ピアノの廃棄処分はいくら?粗大ごみに出す?アコースティックとの違い

さて、初めに法外な引き取り廃棄料金を聞いた時点で、それとは別に古い電子ピアノを自力で処分することも考えました。

今持っている電子ピアノを買った時は、私はエレベーターなしの集合住宅の4階に住んでいて、配達員さんが2人がかりで持ってきてくれました。今はマンションなので地下に粗大ごみ置き場もあります。

自治体の粗大ごみを調べたところ、電子ピアノは2000円~3000円で引き取ってくれるようです。えーいいじゃんいいじゃん!粗大ごみに出しちゃえ。

と思いましたが、夫と二人で運ぶことも考えているうちに、腰痛を抱える夫がだんだん弱気に……。この時期に、けがをしても大変なので諦めることにしました。

次は、電子ピアノを引き取ってくれる業者をネットで探すとだいたい1万円~1.5万円です。どんなピアノでも無料で引き取りますという業者もいるけど、最近は押し売りならぬ「押し売り」が心配なので、ちょっと迷います。

「ピアノ売ってちょうだい。」のTピアノは、電子ピアノの項目が見当たらりませんでした。きっとアコースティックの本物のピアノしか扱ってないんでしょうね。

というわけで自力処分は暗礁に乗り上げました。




電子ピアノ買い替え:実店舗の楽器店で見積もり。路面店とデパートの楽器売り場で聞いてみた

ネットショップもイマイチ、自力で処分もイマイチということで、残るは正攻法です。

次は信用第一で、大手楽器店に聞いてみることにしました。問い合わせたのはデパートに入っている大手楽器店と、大手楽器店の独立店舗です。

聞くことは以下の3つです。

  • 購入時の配送料+設置組立料
  • 引き取り料+廃棄料
  • 在庫または入荷時期

両方とも購入時の配送料+設置組立料は無料、入荷時期も12月下旬ということでした。
引き取り料+廃棄料込みで出た金額は、ネットショップの格安価格+引き取り料+廃棄料より3000円ほど安くなりました。

さらに、デパートの楽器売り場の方が、路面店と比べても2000円安かったです。

つまり、私の場合、引き取り料+廃棄料込みで考えると、ネットショップ>路面店>デパート ということでした。

ただし、A楽器店ネットショップは、楽〇ポイントがつくので、これを値引きと考えれば金額的にはお得なのかもしれません。




電子ピアノ買い替え:実体験の意外な結末まとめ:私の場合

ということで、当初はネットショップでさくさく買おうと思っていたのですが、唯一の人的接点のところで、ネットショップに不信感が生まれてしまったという今回のお買い物。

30万円超の大きな買い物だし、やっぱり気分よく買いたかったのです。店頭に出向いて買いましたが、大手楽器店はやはり安心でした。

店員さんもニコニコ、私もニコニコ、大事に接客してもらって気分が上がりました。

一番高そうなデパートの大手楽器店で買うことになったのは自分でも意外でした。でも、結果的に一番安くなりましたし、心理的にも〇でした。私としては合理的でした。

株主優待とかデパートの友の会に入ってたらもっとお安く買えるので、デパートは案外穴場かもしれませんね。

配送業者も何の問題もなく安心感がありました。古い電子ピアノの脚をテキパキ外して持ち出して、代わりの商品をテキパキ組立てくれ1時間ほどで作業は終了。お疲れ様でした。

私個人の実感としては、見かけの安さより信用と安心感を優先したということになりますね。それぞれ考えかたはあると思いますので、一意見にしていただければ幸いです。




電子ピアノ買い替え:世界的に品薄:コロナ禍ステイホームの影響

ところで、12月末というあわただしい時期に納品された電子ピアノ。ネットショップでは年明けになるかもしれないとしれっといわれていたところでした。

それは別に大げさな話ではなく、今、電子ピアノは世界的に品薄だそうです。
長引くステイホームで電子ピアノが人気なのに加えて、コロナ禍で生産体制が万全でないこともあり、コロナ禍で需要と供給のバランスが崩れちゃったんですね。

らら子は、おかげさまで年末に納品されて年末年始は弾きまくりました。電子ピアノはヘッドホンを使えば夜中まで弾けるのがいいですよね。

前の電子ピアノもよく働いてくれましたが、テクノロジーの進化はすごいですね。タッチも音色も格段に進歩しています。こんなに楽しめるならもっと早く買い換えればよかったなと思いました。

皆様もたのしいピアノライフを!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする