ビックリマンが文楽人形に!?:この夏は大阪で世界一の人形劇を観よう!「ビックリマン×文楽 2019夏休みプロジェクト」:

こんにちは、文楽をこの世に広めたい!文楽エバンジェリストらら子です。

文楽(ぶんらく)って知ってますか?

日本の伝統的な古典芸能の人形劇です。
忍者みたいな黒づくめのかっこうの人たちが、歌舞伎みたいな人形を動かしているのを見たことがあるかも??

いわゆる伝統芸能かー。なんか高尚な感じ?
人形劇といってもメロドラマや一部に下ネタもある(笑)大人向けの人形劇です。

文楽ってどういうものなのかはこちらをごらんくださいね。

文楽とは?人形浄瑠璃とは?ユネスコにも登録された世界一の人形劇!意味や読みをわかりやすく解説

ででで、何がビックリマンかというとてすねー、

これです!

観劇に行くとビックリマンのカードがもらえます。

しかも、記念撮影もできます!





夏休み文楽特別公演では、親子で楽しめる作品を上演

大阪日本橋(にっぽんばし)に文楽用の国立劇場、国立文楽劇場があります。

国立文楽劇場は今年で三十五周年。

7月末から8月初めの夏休み文楽特別公演では、毎年お子さんでも楽しめる作品を上演していますよ。

今年は、この3本立てです!

第1部 【親子劇場】日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)
第2部 【名作劇場】 通し狂言 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)
第3部 【サマーレイトショー】 国言詢音頭(くにことばくどきおんど)

セリフがむずかしそう??

あんがいダイジョブです😁

イヤホンガイドもあるし安心です。

この機会にぜひカモンキッズ!!

チケットの取り方も参考にしてくださいね。



「ビックリマン×文楽 2019夏休みプロジェクト」今年は仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)

そしてそして、
今年はなんとこんなビッグニュースが(≧◇≦)

「ビックリマン×文楽 2019夏休みプロジェクト」のご案内
「仮名手本忠臣蔵」に登場する文楽人形がビックリマンキャラクターに大変身!
意外な組合せのコラボレーションカード第3弾を作成し、ビックリマンと文楽をPRいたします!
出典:国立文楽劇場公式サイト「夏休み文楽特別公演」

ビックリマンと文楽。なんとコラボ企画part3です!

ともに時代を超えて伝えていく価値を持つもの同士だそうです。

通し狂言仮名手本忠臣蔵に登場する「塩谷判官・高師直(えんやはんがん・こうのものなお)」と「おかる」、シャーマンカーンと大星由良助(おおぼしゆらのすけ)をコラボした
由良助カーンの3種類です」だそうです。

意味わかんないですよね💦

でも、文楽を見に行けばきっとこの意味が分かるはず!

令和初!今年の夏はぜひ、親子そろって非日常世界へタイムスリップを楽しんでくださいね。

らら子でしたー。





参考にさせていただいたサイト:

夏休み文楽特別公演 https://ticket.ntj.jac.go.jp/oyako2019/index.html