感想:藤井風ライブ@昭和女子大2021年1月10日ネタバレありHEHN人見記念講堂 help ever hurt never :

こんにちは。らら子です。
へへへ、藤井風さんのライブに行ってきました。友達が当ててくれて!もうあたるのも奇跡、この状況下でライブが開催されるのも奇跡、そして友達と二人そろって健康で行けるのも奇跡。ありがとうございます。




藤井風ライブ@人見記念講堂:感染対策は?

開場は昭和女子大学の人見記念講堂です。
2021年1月7日 首都圏1都3県を対象に非常事態宣言が出たので、ひやひやでしたが万全を期してライブ決行ということで、予定通り公演できてまずはホッとしました。

入口で検温&チケット見せて半券ちぎって入場。手指消毒。ポスターもソーシャルディスタンスを考慮して列を作るようになっていてみなさん順序良く撮影。

席は1つ置きの市松模様。人見記念講堂はイスそのものを減らせるみたいですね。
1列目にあたるア列はありませんでした。通路際の席も外したのかな?番号が飛んでました。
今回は2枚申し込みできたので、みなさんそれぞれペアで一つ置き座ってましたが、小声でしゃべってるし、ライブ中に大声を出す人もいないし、みんなこの場を守ろうという気持ちで連帯感がありました。

17時~18時30分の90分。換気時間はありませんでした。人見記念講堂はかなり天井高があるし、空調もちゃんとしてるので安心ですね。




藤井風ライブ@昭和女子大 セトリは他のライブと同じらし

舞台中央にピアノ。コンサートグランドじゃないんですね。電子ピアノなのかな?短いピアノでした。下手側に向かって座っているので、風くんの左顔がよく見えます。後ろから光があたっていて後光が差してるみたい。

「風よ」からスタート。あーそうだよね。風くんだもん風の時代だもんね。と納得。
歌い終わって、ぽそぽそと風くん中央に登場。
「立ってええで」というのでみんないきなりスタンディング。

2曲目は「調子のっちゃって」だったかな。

そのあとは、順番あんまり覚えてないです。だって目の前で風くんが歌ってる。天使が舞い降りてピアノ弾いてる。セトリはこれまでと同じというツイートを見かけました。
年あけたのでクリスマスソングはなくて、オザケン『今夜はブギーバック』でした。

前半は会場に赤と緑の市松模様のライトがあたって、みんな輝いてる。

声を出さずにみんなおもいっきり拍手するので、風くんが「手が痛とうなるけんそんな手叩かんでええで。」とすごく気を遣ってくれます。

何回目かに「ほんま……かわいい」っていったような気がする。ぽ。




藤井風ライブ@昭和女子大 MC

藤井風です。
と、唐突に挨拶。え、知ってるよ。と思ったけど、これはきっと台本(プロット)にあるのね。
ぽそぽそと話始めて突然、「あ、何しゃべろう」「なんだっけ?」と慌てる風くん。
ギターに救い求める。
なんか日に日にひらがな度が増してるような……とか言われてた?
ギターさん曰く、毎回のプロットはだいだい決まっていてしゃべることも決まってるのに……。風くん「何を話すんだっけ?」ギターさん「今年はこうする、みたいな」
ということで、ギターさんは「年あけてから大掃除をしました」。ドラムさんが「あんまりきれいにし過ぎないのもいいらしいですよ。菌と共存したほうが……。」風くんは「この時期ダブルミーニングがありますが……。部屋のキレイは心のキレイ、みんな部屋をきれいにしましょう。」てなことを。風くんの今年は「食べ物を腐らせないようにする」。冷蔵庫の使い方を覚えたそうです。





ベースさんは「コンサートができない日々が続いていて、このようにコンサートができるのはありがたい。コンサートができない時間に何をしようかと考えて、ピアノの練習をしようと思う。」と、どこからか出してきたのか、風くんのピアノ譜を出してきて、「この風くんのピアノ譜はすごい。風くん監修だけあって和音もちゃんと書いてある。ピアノ弾ける人はもちろん弾けない人も風くんのコメントが面白いので読んでほしい。」と。
風くん、「宣伝してるみたいでちょっとやめてよ(;’∀’)、どっから出してきたの?」といいつつ嬉しそう。
ドラムさんは何を言ったかな??ハッ!わすれてしまいましたー(;’∀’)

それで、バンドメンバーの話を風くんは「はぁ、なるほど、そうですか。」「はい、はい。」と誰よりも深くふつうに話を聞いているんです。
いつまでもこういう風くんでいてねと思いました。




藤井風ライブ@昭和女子大 後半

さよならベイベーは思いっきり手を振りながら。この曲が最後になるかもしれんー。といいながら「帰ろう」。満点の星空から降ってくるみたいな照明がきれいでした。
『帰ろう』のMVよりこういうイメージが合ってるな。なんだかすべてが浄化されるような気がしました。
青春の病を歌わんのに終われーんとかいいながら
会場の「ダヨネ」感が満ちてました。





藤井風ライブ@昭和女子大 アンコール

「アンコールしてくれてありがとう」といいながら登場。

アンコールは1回目は、1月21日(木)からはじまるドラマの主題歌「旅路」でした。なつかしい青春ぽい歌でしたよ。歌詞はこれからじっくり味わいたいと思います。

アンコールの2回目は、サプライズ。赤いTシャツの上に赤いシャツに着替えてサックスを吹きながら登場。

やっぱりうまいなー。酔いしれるわけでもなくかますわけでもなく、メロディーとノリを大切に、丁寧に演奏してくれました。




藤井風ライブ@昭和女子大 最後のご挨拶

最後のご挨拶は、バンドメンバーさんたちと4人で前に出ていて、ミュージカルかオペラのカーテンコールのように手をつない(だフリ)で、片膝ついてご挨拶。

マイクなしで、手をメガホンのようにして「よいお年を!」

え?バンドメンバーにやにや。

続いて「にせんにじゅうね……! にせんにじゅういちねんが最高な年になりますように!」

みんなも思い切り手を振って、風くんも最後まで引っ込んでからも一生懸命手をふってくれて、おばちゃんはひとこと「なんていい子なんだ」と呟いてしまいました。

風くんも、こうしてここにいられることが奇跡 miracleと繰り返していましたが、天使が舞い降りた神がかった時間でした。すべての巡り合わせに感謝です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする