桐竹勘次郎(きりたけ かんじろう)さんのWiki的プロフ:『うめだ文楽』でも活躍。もとは俳優志望のイケメン。

こんにちは。らら子です。

今回は人形遣い(にんぎょうづかい)の桐竹勘次郎(きりたけかんじろう)さんを紹介します。勘次郎さんの師匠は桐竹勘十郎さん。若手中心の「うめだ文楽」にもリーダー格として出演し、インタビュー記事が新聞にも乗ったりしています。ご存知の方も多いのでは?勘次郎さん、どんな方なのでしょうか?

あら、すっきりイケメン!どんな方なのでしょうか?



桐竹勘次郎さんのwiki的情報、年齢や出身、芸歴、受賞歴は?

さっそくプロフィールを見ていきます。

[経歴]

  • 誕生日:昭和58(1983)年10月21日
  • 出身地:静岡県
  • 本名:大澤祐次

[芸 歴]

  • 平成17(2005)年 2月 三代桐竹勘十郎(きりたけかんじゅうろう)に入門
    • 文楽協会研究生となる
  • 平成18(2006)年 4月 国立文楽劇場で初舞台
    • 桐竹勘次郎(きりたけ かんじろう)と名のる

[受賞歴]

  • 平成28(2016)4月 第44回(平成27年度)文楽協会賞

人形遣いなどの技芸員になるには、2年間の文楽劇場の研修生で2年間修業する場合と、勘次郎さんのように師匠に直接弟子入りして研究生になる場合があります。

入門の方法について詳しくはこちらをごらんくださいね。

技芸員とは?読みや意味をわかりやすく解説:技芸員になるには?

平成28(2016)年 4月には「文楽協会賞」を受賞します。



桐竹勘次郎さんの入門のきっかけは?

勘次郎さんは大卒。大学の芸術学部の演劇科でもともと俳優を目指していました。
舞台芸術の世界に興味があり、大学の授業に文楽との出会いが!

桐竹勘十郎さんと縁あって人形遣いの道へ。



桐竹勘次郎さんのWebページやFacebook、インスタグラムやTwitterは?趣味は?結婚は?

勘次郎さんは、FacebookとTwitterをやっています。プロフィール画像の似顔絵がシンプルなのにそっくりで感動します。鼻の脇のほくろがチャームポイントですね。

といいつつ、リンクがうまくはれなかったので、こちらはFacebookで見つけました。

桐竹 勘次郎さんの投稿 2014年10月1日水曜日

twitterはhttps://twitter.com/akanobuta

TwitterもFacebookも、本公演だけでなく地方公演や海外公演の様子なども報告してくれています。他の方々との交流もわかって要チェックですね。

Facebookにはそこに配偶者のお名前があって、小さなお子さんもいらっしゃるようです。

らら子的萌えポイント

うめだ文楽でもご活躍の勘次郎さん。黒衣で隠してはもったいない、かなりのイケメンです。そしてなんとも言えない気品が漂っています。
大卒後のおそい入門ということでいろいろ大変なことがあるかと思いますが、演劇科でつちかった舞台芸術に関する知識を文楽にも吹き込んでほしいですね。

ジャンルを超えてこれからの文楽を盛り上げて、ますますのご活躍をお祈りしています。



参考にさせていただいたサイト:

公益財団法人 文楽協会 https://bunraku.or.jp/index.html
Facebook https://www.facebook.com/yuji.otsuki.50
ツイッター https://twitter.com/akanobuta?s=17
若手人形遣いに聞く「文楽」の魅力と変革 ボカロと競演、三谷幸喜脚本もhttps://news.mixi.jp/view_news.pl?id=5265774&media_id=58