桐竹勘十郎(きりたけ かんじゅうろう)さん:『にほんごであそぼ』出演!姉は三林京子さん!文楽のファンタジスタのWiki的情報

こんにちは~。 らら子です。

今回は、文楽のファンタジスタの呼び声高い、人形遣いの三世桐竹勘十郎(きりたけ かんじゅうろう)さんをご紹介します。NHK『にほんごであそぼ』で見たことある方も多いのでは。

同じくNHK『ちかえもん』で人形の監修や出演もしています!そしてしぶいイケメンです♡

三世 桐竹 勘十郎さんの投稿 2019年5月27日月曜日

桐竹勘十郎さんのWiki的プロフィール、年齢や出身、芸歴は?父は二世桐竹勘十郎さん(人間国宝)。お姉さんは三林京子さん。息子さんも人形遣いの道へ!

ではさっそくプロフィールです。

誕生日:昭和28(1953)年3月1日
出身地:大阪府
本 名:宮永豊実

[芸 歴]

  • 昭和42(1967)年 7月 文楽協会人形部研究生となる
    • 三代吉田簑助(よしだ みのすけ)に入門。
    • 吉田簑太郎(よしだ みのたろう)と名のる
  • 昭和43(1968)年 4月 文楽協会技芸員となり大阪毎日ホールで初舞台
    • 初役は、『壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき』の「阿古屋琴責の段(あこやことぜめのだん)」の水奴(みずやっこ)
  • 平成15(2003)年 4月 大阪・国立文楽劇場において桐竹勘十郎を襲名披露
    •  『絵本太功記(えほんたいこうき)』「尼ケ崎の段(あまがさきのだん)」の武智光秀(たけちみつひで)で襲名披露
  • 平成15(2003)年 5月 東京・国立劇場において桐竹勘十郎を襲名披露
    • 「絵本太功記・尼ケ崎の段」の武智光秀で三世桐竹勘十郎と名のる

桐竹勘十郎さんは、文楽本場の大阪の生まれ。住吉大社の近くで育ったそうです。
父は人間国宝の二世桐竹勘十郎さんです。人形遣いの息子に生まれた勘十郎さんですが、お父さんには入門しませんでした。これは父子だと甘えがでてしまうという判断だそうです。

「人形遣いになりたい」という当代に、父は「(自分の弟弟子(おとうとでし)の吉田)簑助(みのすけ)のところへ行け」と告げた。本来なら手元で育てたいと思うところだが、二代目は自らに甘えを禁じ、信頼する弟弟子に息子を託したのである。

出典:【父の教え】文楽人形遣い・桐竹勘十郎さん 「目いっぱい動かせ 限界を知れ」https://www.sankei.com/life/news/180829/

14歳の時に吉田蓑助(よしだ みのすけ)サマ(人間国宝)に師事します。15歳で初舞台です。父の二世桐竹勘十郎さんは立役(男役)の名手で、師匠の蓑助サマは女方の名手。勘十郎さんは両方のよさを身につけて、若い頃から評判が高かったとのこと。

息子さんも同じく人形遣いで、吉田蓑太郎(よしだ みのたろう)さんです。やはり蓑太郎さんは平成12(2000)年に三代目吉田蓑助サマに入門しています。
父子で師弟とはならず、父子で兄弟弟子になったのですね。

お姉さんは女優の三林京子(みつばやし きょうこ)さん。三林京子さんは女優としNHKの朝ドラ『スカーレット』など8作品に出演。テレビや舞台に出演のほか大学教授を務めたこともあります。また、桂米朝(かつら べいちょう)事務所に所属する落語家の三代目桂すずめさんとしてもご活躍です。

三林京子さんについてはこちらをご覧くださいね。

三林京子さん:朝ドラ『スカーレット』女中の大久保さん役!弟は桐竹勘十郎さん!父も人間国宝の文楽人形遣い!落語家や声優でも活躍!NHK連続テレビ小説常連のWiki的プロフ

勘十郎さんも桂すずめさんもエッセイなどの著書があります。

二代目・吉田玉男さんとは中学生の時に運命の出会い!二代にわたるよきライバル。「たまおくん」「かんちゃん」と呼び合う仲に??

朝日座で「絵本太閤記(えほんたいこうき)」が上演された時に、人手が足りずに中学生だった勘十郎さんも駆り出されますが、そこで未来の吉田玉男さんとも知り合います。

玉男さんは同じ年齢。近所に人形遣いの吉田玉昇(よしだたましょう)さんが住んでいたそうで、アルバイトに誘われて文楽に参加していました。中学生の玉男さんとしては、近所のおっちゃんにうどんで釣られたそうです。

中学生同士だった二人はすぐに仲良くなり、その後ずっとともに芸をみがいて、今の文楽人気を引っ張っています。

運命の出会いですね~(^^♪

らら子は、玉男さん襲名前に「赤坂文楽」というイベントで、勘十郎さんと玉男さんのトークを聴いたことがあります。その時には勘十郎さんは「おやじたちのように、かんちゃん、たまおくん と呼び合う仲になりたいです。」とおっしゃってました。

実は、勘十郎さんのお父さんの二世・桐竹勘十郎さんと、玉男さんの師匠の初代・吉田玉男さんも当時の文楽をささえる2トップ。ライバルであり仲良しだったそうです。

二代にわたるライバルで親友

きゅんきゅんしちゃいます( *´艸`)





「にほんごであそぼ」や「プロフェッショナル 仕事の流儀」「美の壺」にも出演 「第38 回 伝統文化ポーラ賞 優秀賞」受賞

マスメディアへの露出の多い勘十郎さん。NHKの「にほんごであそぼ」では人形浄瑠璃文楽のレギュラーでおなじみです。

このコーナでは文楽の公演で実際に使われている本物の人形が登場します。
からくり仕掛けがあって変化する人形や、可愛くてユーモラスな動物の人形も出てきて楽しいです。

この動物たち、勘十郎さんの手作りもあります。しかも勘十郎さんの愛犬がモデルになっていたりするそうです。

がっかり顔とびっくり顔、ユーモラスでかわいいですよね。
同じくNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀 世界遺産スペシャル 世界とのことに誇る、日本の魂」(2016年9月12日19:30〜)など多数の番組にご出演。近松門左衛門をモデルにしたNHKドラマ『ちかえもん』でも監修しています。

勘十郎さんがきっかけで文楽に目ざめる人も多そうです。

2018年には「第38 回 伝統文化ポーラ賞 優秀賞」を受賞しました。

桐竹勘十郎さんの特技や趣味は?インスタグラムやTwitterは?

勘十郎さんといえば絵がうまいことでも有名です。人形遣いを志す前はマンガ家になりたかったそうです。ごひいきに配るグッズや手ぬぐいにも勘十郎さんが書いたイラストが入っています。

人形遣いさんは人形の衣裳や登場する動物も作りますが、手先が器用でこれも得意だそうです。「にほんごであそぼ」の動物たちもそうです。動物好きな勘十郎さんならではの出来栄え。

手先が器用なだけでなく文才もあって、エッセイの連載もあります。つくづく表現豊かな方ですね。

Twitterやインスタグラムは見つかりませんでしたが、FaceBookで情報発信をしていらっしゃいます。文楽人形や舞台裏の写真や、「にほんごであそぼ」に登場したお手製の犬やモデルになった愛犬の写真、お弟子さんたちとの和気あいあいとした様子がアップされていて楽しいです。





らら子的萌えポイント

萌えポイント満載の桐竹勘十郎さん。多すぎてあげきれませんが、とにかく花のある方だなーと思います。だれが言い出したのか、ファンタジスタの名がぴったり。

らら子は、勘十郎さんが登場すると「姫……♡」と思います。

立ち役の二枚目もかっこいいのですが、らら子的にはお姫様の役の勘十郎さんが好きです。いわゆる赤姫といわれる、真っ赤な衣装に華やかな髪飾りをつけたお姫様ですね。

ところで、紋付のイメージが多い人形遣いですが、演目によってはピンク色の華やかな衣裳や、柄のついた派手な衣装があって、これがまたよくお似合いなのです。

本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)の奥庭の狐火の段で、狐火の柄の衣裳で登場した時には、思わず「おおぉ」と客席で声を漏らしてしまいました。

狐を遣うにあたって、動物園にいって一日中狐の動きを眺めて研究していたとか、飽くことなき探究心で観客を喜ばせてくださってありがとうございますという気持ちです。

というのが伝わってきます。着実に道を歩んでいってほしいです。


参考にさせていただいたサイト

公益財団法人 文楽協会 https://bunraku.or.jp/index.html

【父の教え】文楽人形遣い・桐竹勘十郎さん 「目いっぱい動かせ 限界を知れ」https://www.sankei.com/life/news/180829/

世界文化基金 アーティストインタビューhttps://performingarts.jp/J/art_interview/0806/1.html



コメント