晴れときどきファーム!「雑貨をめぐる春のプチ旅行 沼津」雑貨店はどこ?・イタリア食堂・銅製フライパン:NHK晴れ、ときどきファーム!

こんにちは。らら子です。

今回の『晴れ、ときどきファーム!』は「雑貨をめぐる春のプチ旅行 沼津」

今回も元V6の長野博さん、森三中の村上知子さん、女優の滝沢沙織さんのいつもの3人で。暖かくなりお出掛けしたくなる春。沼津に雑貨巡りのプチ旅行へ出掛けます。




晴れときどきファーム「雑貨をめぐる春のプチ旅行 沼津」番組予告:再放送予定

番組予告はこちらです。予告だけでウキウキしてきます。

春の心地よい風に誘われて、沼津で雑貨をめぐる日帰り旅。素通りしてしまう素っ気ない店が、中に入ると“すてきさに”びっくり!こだわりは使い勝手、そしてシンプル。
出典:公式サイト

番組情報やバックナンバー&直近放送予定はこちらをご覧くださいね。

2022年
NHK 晴れときどきファーム!2022レシピバックナンバー・放送予定・過去の放送一覧

2021年
NHK 晴れ、ときどきファーム!2021レシピ:バックナンバー・再放送と過去の放送一覧





晴れときどきファーム「沼津・雑貨」達人は後藤由紀子さん!お店はドコ?

いつもの3人、元V6の長野博さん、森三中の村上智子さん、女優の滝沢沙織さんがやってきたのは静岡県の沼津。

海辺は、風が強くてまだちょっと寒そうです。。

実は沼津には、女性の絶大な支持を集める、雑貨のスペシャリストがいるのです。
さっそく、スペシャリストのもとへ!

さっそく3人がやってきたのは、「hal」という雑貨屋さん。
お店構えがシンプルで、知らないと通り過ぎてしまいそうな素朴な看板。

これだけで、もうちょっとオシャレな感じがします。笑

出迎えてくれたのは、店主の後藤由紀子さん。
東京の雑貨店での経験を活かし、地元の静岡県・沼津でお店を構えました。

〒410-0803静岡県沼津市添地町124
tel : 055-963-2556

水曜定休 open 10:30 ~ 16:00

出典:hal公式ページ

この方、知ってる!よく雑誌でお見掛けする、シンプルライフといえばこの人!というくらい有名な方です。

『ナチュリラ』でもおなじみですよねー。もの選びや着こなしのセンスが素敵なんですよね。それだけでなく後藤さんはとても自然体で、チャーミングなんです。





晴れときどきファーム「沼津・雑貨」後藤由紀子さんのお店訪問

素敵なお店でお話を伺います。

「雑貨は使ってこそ意味がある」という後藤さん。
雑貨選びのコツを聞いてみると…最初が肝心とのこと。

確かに、間に合わせで家具を買っちゃいけないとかよく言いますよね。

カトラリーなどは、引き出物などでもらったものを何となくそのまま使ってしまいがち。

確かに。

そして、壊れることがないので買い替えることも、ほぼありません。

うんうん。

そのため、最初に自分が気に入ったものをきちんと選ぶことで、毎日が楽しくなる、とのことでした。

なるほどー。

また、流行を追わないことも大事だそうで、本当に自分が気に入ったものを選んでほしい、とおっしゃっていました。

そんな後藤さんのお店の営業時間は16時まで。

家族と食事をとることが大事、とのこと。
これならまだ明るいうちにおうちに帰れますね。

自分の価値観をしっかり持っている感じが、営業スタイルにも表れていますね。





晴れときどきファーム「沼津・雑貨」後藤由紀子さんのお宅訪問

お次は、後藤さんのお宅を拝見させていただくことに。

入ってすぐ、リビングの大きなダイニングテーブルの上はスッキリ!何も置かれていません。

レトロな茶箪笥の中には、季節の食器など普段使わないものが、しっかり収納されています。

大好きな豆皿は本当にたくさん!

村上さんも言っていましたが、もっと物が少ないのかと思いきや、意外に物自体は多いです。

でも上手に収納されていて、ごちゃごちゃした感じは一切しません。
このリビングのテーマは、「隠す収納」。

対してキッチンは、「見せる収納」となっています。
調理台からすぐ振り返ると、オープン収納の食器棚。

最低限のアクションで効率よく調理できるようになっています。
食器棚にもたくさんの食器が並んでいますが、どれも片手で取り出せる枚数だけ重ねられています。

すごく考えられて、自分仕様にカスタマイズされているんですね。

後藤さんいわく、無駄がなくてシンプルだと味気なく感じてしまう。自分の家も無駄ばかりだけど、好きなものに囲まれていることで居心地が良くなる、とのこと。

今はもっぱら、断捨離とかミニマリストとか、物が少ないことがもてはやされる傾向にありますが、自分の居心地のいいバランスを見つけることが大事なんだなと気付かされます。

お住まいも、キッチンもそれなりに年季が入っています。

決して新しくてオシャレなデザインというわけじゃないのに、すごく後藤さんの雰囲気にマッチしていて、とても居心地が良さそう。

とても好感を抱きます☆





晴れときどきファーム「沼津・雑貨」イタリアンレストランはドコ?塩川雅也シェフ

つづいて3人は、イタリアンレストランへ。

沼津駅南口から徒歩で7分、沼津銀座の入口にある『Baker’s Dozen(ベイカーズダズン)』です。

〒410-0882 静岡県沼津市町方町9−1

055-954-2266
日曜定休
出典:食べログ

出迎えてくれたのは、イタリア料理店の店主、塩川雅也さん。なんと元はパティシエ・シェフです。

塩川雅也さんは沼津市出身。東京の三軒茶屋でやっていましたが、ビルの取り壊しを機に家族で移住したそうです。

2017年に地元・沼津にイタリア食堂として移転オープンしました。シーフード料理と、お得意のドルチェ、手作りパンをワインと共に楽しめます。

店名のBaker’s Dozenはパン屋の1ダースという意味で13という数字の意味だそう(らら子調べ)

まず出してくれたのは「タチバナ」という地元の柑橘類で作ったソーダ。
スッキリとした甘さで炭酸とよく合います。

お次も沼津の伝統野菜、大中寺いも。

里芋に似たこのお芋を、貝と野菜のだしで煮て、下味をつけてからカラッと揚げて、チーズをまぶしたもの。

里芋好きとしては、たまらないメニュー。
ねっとりとしたお芋に、チーズがよく合ってとても美味しそうです!

メインは、いろんな貝のボンゴレビアンコ。
アサリやサザエやホタテなど、すごい量の貝から出ただしをパスタが吸って絶品です。

そんなシェフ塩川さんに、お気に入りの調理道具を聞いてみると。
見せてくれたのは「銅」のフライパン。

なんと12年(!?)使い込まれて、見た目は普通のフライパンのように真っ黒!
油の膜でコーティングされた状態です。こうすることで焦げにくくなるそうです。

こういう、道具を育てるっていう感覚。。プロって感じがしますねー!





晴れときどきファーム「沼津・雑貨」銅製のフライパン作り!小野裕康さん

近くに銅の職人さんがいるということで、ご紹介してもらうことに。
カンカン音がする扉を開けると、金属工芸の匠、小野裕康さんが出迎えてくれました。

小野さんのプロフィールもちょっと変わっています。

小野氏は、神社の飾りなどを作る銅細工の職人の家系の3代目として誕生。
時代の移り変わりと共に仕事内容も変わり、その中でもっとやれることはないかと模索してた矢先、美術館で金製のコップを見ていて・・・これなら銅や真鍮でも作れるのでは、と思ったことがきっかけで、スプーン作りを始めた。
出典:DAIDOKO(ダイドコ)

小野さんは各地でワークショップを開き、道具を手作りする楽しみを紹介されています。

ちなみに、銅の熱伝導率は、鉄の5倍。火が通りやすく、調理時間を短くできるのです。
さっそく3人も銅の道具作りを体験してみます。

長野さんはフライパン、滝沢さんはおろし金、そして、村上さんはスプーンに挑戦します。

フライパンは底を決めて、周りをたたいて少しずつ曲げていきます。
おろし金は、形を切り出してから、一つずつ穴を開けていきます。

スプーンは、くぼみにセットして叩くことで、手軽に曲線ができる仕組み。

皆さん、真剣に取り組むこと3時間!

さすが、器用な長野さんは、見事にフライパンを完成させました!
滝沢さん、村上さんもそれぞれステキなオリジナルの調理道具の完成。

自分で作ったものって愛着がわいていいですね。

今は、調理器具も安く気軽に手に入ってしまいますが、こうやって手作りする、道具を育てていくっていう感覚。大事にしたいなと思います。





晴れときどきファーム「雑貨をめぐる春のプチ旅行 沼津」: らら子的感想

素敵な雑貨に、美味しそうなイタリアン。そして銅製の手作りカトラリー。夢のように素敵でした。

毎日使うものだからこそ、なんとなくあるものを使うのではなく、自分でお気に入りを選びたい!

そうすると、使うたびに嬉しい気持ちになれそうです。
私もカトラリーを見直そうかなと思いました♪

番組情報やバックナンバー&直近放送予定はこちらをご覧くださいね。
2022年
NHK 晴れときどきファーム!2022レシピバックナンバー・放送予定・過去の放送一覧

2021年
NHK 晴れ、ときどきファーム!2021レシピ:バックナンバー・再放送と過去の放送一覧





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット(レスポンシブ)