吉田勘彌(よしだ かんや)さん のWiki的プロフ:若手育成にも熱心な品のよい中堅人形遣い

こんにちは~。 らら子です。

今回は、文楽人形遣いの中堅、吉田勘彌(よしだ かんや)さんをご紹介します。漢字表記は「吉田勘弥」さんの時もありますが、らら子はこちらが好み。

勘彌さんはキューティクルつやつやの美しい銀髪が印象的です^^

下のインスタだと、向かって左の時姫役が勘彌さんです。右の三浦之介は吉田玉助さん。

どんな方なのでしょうか?さっそくプロフィールを見ていきます。

この投稿をInstagramで見る

国立劇場(東京・半蔵門)(@nationaltheatre_tokyo)がシェアした投稿





吉田勘彌さんのプロフィール、年齢や出身、芸歴は?

こちらが勘彌さんのプロフィールです。

誕生日:昭和(1960)年3月30日
出身地:岡山県
本 名:中村哲夫

[芸 歴]

  • 昭和49(1974)年 5月 国立劇場文楽第2期研修生となる
  • 昭和51(1976)年 4月 二代桐竹勘十郎(きりたけ かんじゅうろう) に入門、
    • 桐竹勘弥(きりたけ かんや)と名のる
  • 昭和51(1976)年 4月 大阪・朝日座で初舞台
  • 昭和61(1986)年11月 三代吉田簑助(よしだみのすけ)門下となる
    • 吉田姓を名のる

[受賞歴]

  • 平成11年 7月 因協会奨励賞
  • 平成18年 3月 第25回(平成17年度)国立劇場文楽賞文楽奨励賞
  • 平成29年 4月 第36回(平成28年度)国立劇場文楽賞文楽優秀賞

文楽研修生2期生だそうです。研修生としてはパイオニアですね。同期には桐竹亀次さんがいらっしゃいます。

勘彌さんといえば端正で上品な舞台姿で、脇役の女形が多い印象ですが、若手の頃から今まで順調に受賞を重ねていらっしゃいます。




吉田勘彌さんの経歴。入門のきっかけは?趣味や特技、SNSなどは?

勘彌さんは、岡山県の生まれ。文楽とは縁のないご家庭に育ち、19歳の時に文楽研修生となります。

2年の研修を経て二世・桐竹勘十郎(きりたけ かんじゅうろう)さんに入門。桐竹勘彌(きりたけ かんや)と名のって初舞台です。

1986年に師匠の二世・勘十郎さんが亡くなると、吉田簑助さんの門下に移り、吉田勘彌(よしだ かんや)と名のります。

吉田勘市(よしだ かんいち)さんや、今は文楽協会から離れている吉田勘縁(よしだ かんろく)さんのように、吉田勘〇という方が複数いらっしゃるのはそういう事情なのですね。

勘彌さんの入門のきっかけや、特技や趣味、SNSなどは見つかりませんでした。
たぶん、「特技:人形遣い 趣味:文楽若手育成」のような気がしますけど……。若手育成については次項で^^





勘彌さんは若手勉強会育成にも熱心に取り組む:十色会を企画

勘彌さんのことを調べていると、「若手の勉強会を実現させた」「控え目だが芯が強い人」という記述をよく目にします。

文楽は、人形遣い太夫三味線といますが、太夫と三味線は二人そろえば素浄瑠璃の公演ができますが、人形遣いは基本的に三人遣いなので三人そろわないとできません。それに、衣装も小道具も必要なので、本格的な若手の勉強会は難しいのでしょうね。

それで、若手の人形遣いが舞台を勤める機会として「十色会」という若手中心の自主公演が企画されたそうです。

勘彌さんは、若い人をまとめてこういう勉強会を実現させた立役者の一人ということです。そして常に若手の出来に気を配っていると。

ネットの情報によると、2009年に第12回があって間があいて2014年に13回の上演。これだけ間があくということは人形遣いの自主公演の難しさが想像できます。

控え目だが芯が強いと表現されるのは、こういう困難に立ち向かうというところにも表れているんですね。





らら子の萌えポイント

普段の舞台を拝見していて、きれいな髪の方だなーぐらいしか印象がなかったらら子ですが、今回の記事をまとめるにあたり、知られざる勘彌さんの情熱を垣間見ることができました。

もともとは二世・勘十郎さんのお弟子さんだし、年齢の近い三世・桐竹勘十郎さんとは仲が良いそうです。
勘十郎さんの左遣いを勤めていることも多いのだとか。頭巾をかぶっているので勘彌さんとはわからないのが残念。

2019年10月には、勘十郎さんとともに初のシンガポール公演を実現させました。

これからは、勘十郎さんの左遣いは勘彌さんかしら?とか妄想しながら鑑賞したいと思います!





参考にさせていただいたサイト

公益財団法人 文楽協会 https://bunraku.or.jp/index.html

日々精進・日々文楽・日々吉田玉助田玉助 http://kokingo.blog45.fc2.com/blog-entry-42.html?sp
文楽と王朝と障害と 「勘弥さん(1)」http://tohjurou.blog55.fc2.com/blog-entry-2352.html
文楽と王朝と障害と 「勘弥さん(2) http://tohjurou.blog55.fc2.com/blog-entry-3474.html

【上方芸能な日々 文楽】十色会&文楽の夕べ https://leslieyoshi.com/2014/11/30/%E3%80%90%E4%B8%8A%E6%96%B9%E8%8A%B8%E8%83%BD%E3%81%AA%E6%97%A5%E3%80%85%E3%80%80%E6%96%87%E6%A5%BD%E3%80%91%E5%8D%81%E8%89%B2%E4%BC%9A%EF%BC%86%E6%96%87%E6%A5%BD%E3%81%AE%E5%A4%95%E3%81%B9/





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする