和希そら:今後は?組替え異動で雪組3番手あげ?チケット難加速?宝塚宙組男役スターソラカズキのWiki的プロフ:年齢は?本名は?エピソードは?朝美絢/綾凰華/縣千との関係性は?(かずきそら・かづきそら)

こんにちは。らら子です。

ビックリなニュースが飛び込んできました。らら子の大好きな宙組4番手の男役スター、「センスの塊」と評判の高い和希そらさん!なんと2021年12月10日付で雪組へ組替え!

宙組のソラカズキじゃなくなる!マジかー!

宙組生としての最後の公演は『プロミセス、プロミセス』です。

雪組はこのたび彩風咲奈(あやかぜ さきな)さんがトップ就任。現状、2番手格は95期「黒髪の人」としてトレンドにも入った朝美絢(あさみ じゅん)さん。

96期の和希そらさんは3番手格として異動でしょうか。劇団は何を考えてこの時期に和希そらさんを動かしたのか、何が期待されているのか考えたいと思います。

一応その前にプロフィールを見ていきましょう。知ってるよ!って方はどうぞ飛ばしてくださいね。




和希そら組替えと今後:年齢は?本名は?何期?同期は?芸名の由来は?愛称は?

こちらが和希そらさんのプロフィールです。
誕生日 1992年10月5日
出身地 岡山県岡山市
身長 168cm
血液型 B型
本名 西崎詩織
愛称 そら、そーちゃん

誰それさんは、 岡山県岡山市出身。中学卒業時の2008年宝塚音楽学校合格、2010年に宝塚歌劇団に2番という優秀な成績で入団します。96期生の男役です。

同期には雪組トップ娘役の朝月希和(あさづき きわ)さんがいます。関係ないですけど、希和さんと和希さんですねー。宙組の紫藤りゅうさんも同期です。

芸名の由来は受験スクールの天希かおりさんから一時もらったとのことです。愛称は芸名にちなんでいます。




和希そら:経歴は?努力とセンスの塊!『ウエストサイドストーリー』アニータで初の女役、バウホール公演主演

宙組に配属された和希そらさんは、ダンス・歌・芝居三拍子そろった実力派!早くから若手スターとして注目されました。

将来のトップスターになる条件でもある新人公演では2014年には『ベルサイユのばら』のオスカルを主演。2017年には努力賞。2021年にも2回目の努力賞を受賞しています。

2018年には「ウエストサイドストーリー WEST SIDE STORY(WSS)」で初の女役アニータ役を演じて評判になります。

ちなみにワタクシらら子、この時に完全に和希そらさんにおちました。

そして続く2018年夏にはバウホール公演『ハッスル・メイツ』主演!宙組の20年を振り返って歌と踊ってつないでいくショーです。

わたくしもやっと取れたチケット1枚握りしめてバウまで行きました。すばらしかった(涙)





和希そら:『夢千鳥』『壮麗帝』コロナ禍に翻弄される

2020年8月には桜木みなとさん主演の『壮麗帝』に二番手として出演。

オスマン帝国を最盛期に導き、壮麗帝と称された皇帝スレイマンを桜木みなとさん。その義弟にあたる大宰相イブラヒムを演じました。深い絆で結ばれた二人の関係性がドラマチックに描き出されました。

2021年GWには『夢千鳥』主演。緊急事態宣言発出により4日間で公演中止。劇評では「センスの塊(かたまり)和希そら」と絶賛されました。

これはもう、宝塚歌劇のレベルを超えていましたね。ワタクシ残念ながら唯一の観劇日が休演期間にあたってしまい、ディレイ配信でみたのですが、鳥肌ものでした。






和希そら:ダンス・歌・芝居揃った実力派!いつも120%!人気の理由は?

ダンス、芝居、歌ともに非の打ち所がないタカラジェンヌです。

子どものころからやっていたヒップホップでつちかったリズム感を生かしたダンス。お母さまにいわれていつも120%の力で取り組んでいるそう。

ハートフルな歌声は感動。低音ボイスも魅力です。音域もだんだん広がってきれいな裏声でソプラノも行けます。

お芝居は妥協のない繊細な役作り。研究熱心で外部の舞台も良く見に行っているそうです。

毎公演見るたびに新たな驚きと感動を与えてくれます。目チカラやシャープなお色気も魅力。



和希そら:人気の理由は?性格や評判は?ブリドリ神回ボキャブラリーの少なさもいとおしい

和希そらさんは、妥協のない芸への取り組みの反面、ゆるーいところも魅力。

若手の頃はややぽっちゃりめの丸顔で、「ちぃーっす!」みたいな挨拶がぴったり弟キャラだったのも懐かしい思い出です。

当時のトップスター朝夏まなとさんに可愛がられて、宝塚の専門番組スカイステージ「Brilliant Dreams +NEXT#18「朝夏まなと」またの名をブリドリプラスネクトでは、全部の回に出演。ダンスのピックアップメンバーとしてキレッキレのダンスと、司会兼レポーターとして期待通りのおどけっぷりで活躍。

寿(ことぶき)つかさ組長におんぶしてもらったり、すみれ乃麗さんの娘役の振り付けを後ろでコソ練習したり、かわいさ余ってか朝夏まなとさんにマイクで鼻をぶにぶにされたりしていました。そんなジェンヌいる?

和希そらさんは自分のBrilliant Dreamsでは、「自分が朝夏まなとさんに呼んでもらって楽しかったから」と若手を起用して、グループでオリジナルダンスナンバーを披露してくれました。その時の若手たちとのトークも胸アツ。

ボキャブラリーの少なさも魅力(笑)。ときどき想いが溢れすぎて「どうした?和希そら!」になっていたりします。

めきめきと美しい落ち着いた舞台人に成長して宙組になくてはならない存在に。



和希そら:女役もイケる!ナイスバディとソプラノボイス

男役としては小柄な和希そらさん、小柄を生かして女役も違和感なくハマります。

新人公演のオスカルも入れると、ウエストサイドストーリーのアニータ、そして2021年宙組公演『アナスタシア』では皇太后の侍女リリー役で再び女役を好演。

昼は皇太后の秘書としてバリバリ仕事をして、夜は亡命貴族の集まるナイトクラブのマドンナ。赤いドレスに身を包んで堂々たるヒロインぶりでした。

その時の感想はこちらをご覧くださいね。

宙組アナスタシアおすすめ見どころ男役編!女役和希そら:穂稀せり:澄風なぎ:優希しおん:亜音 有星

感想:宙組アナスタシア東宝初日:東京宝塚劇場開場20周年記念品ブランケット画像あり:2021年1月緊急事態宣言はどう影響?

2019年『アクアヴィーテ』では、いわゆるタコ足だるま姿でナイスバディを惜しげもなく披露。パンチのある歌声で客席を魅了しました。

女役もいける男役スターといえば、星組トップスターの礼真琴さんとは音楽学校の頃から仲が良く、お互いをリスペクトしています。歌声が似すぎていると評判です。





和希そら:『プロミセス、プロミセス』が宙組最後の公演!役どころは?

和希そらさんは、2021年12月10日付で雪組へ組替えということで、宙組生としての最後の公演は芹香斗亜(せりか とあ)主演ブロードウェイ・ミュージカル『プロミセス、プロミセス』です。

映画『アパートの鍵貸します』としても有名。芹香斗亜さんが主人公のチャック、天彩 峰里(あまいろ みねり)さんがヒロインのフラン。

WSSで和希そらさんが女役アニータをやったときの相手役が芹香斗亜さん。天彩峰里さんは、バウ公演『ハッスルメイツ』『壮麗帝』『夢千鳥』で相手役をつとめた相性抜群の娘役さん。

宙組最後の出演がこのお二人と一緒というのは、うれしいですね。

和希そらさんは人事部長のシェルドレーク役か、フランの兄役か?いずれにしてもフランをめぐってチャックとバチバチと火花を散らそうですね。どちらになるのか楽しみにしています。





和希そら:雪組での立ち位置は?劇団の期待は実力プラス男役の色気??

宙組になくてはならない和希そらさんですが、2021年現在の宙組はスターが団子状態。

安定の長期政権の真風涼帆(まかぜ すずほ)さんは92期、その一期下の芹香斗亜(せりかとあ)さん、3番手は95期の桜木みなとさん。

花組星組月組のトップが95期で、全体的に若返っているのにここだけみっちり詰まってます。

桜木みなとさんとの「ずんそら」コンビが離れるのは寂しいですが、他の組に異動して番手が上がるのはうれしいです。

雪組の新トップの彩風咲奈さんは93期。ダンスとおおらかなお芝居が魅力です。二番手と目される朝美絢さんトップスターを輩出している95期。

ちょっと期が近すぎる気もしますが、まあ順当です。

雪組は、オラオラと男役の色気を振りまいていた彩凪翔(あやなぎ しょう)さんが退団して、ポジションとしてはここかなぁと思います。




和希そら:朝美絢(あさみ じゅん)さんとの番手の関係性は?

さて、雪組で文句なしのスターの地位にいるのは、95期の朝美絢(あさみ じゅん)さん。外部メディアにも絶大な人気で、次期トップスター間違いないでしょうねえ。

現在、宙組4番手である和希そらさんは、年次・実績ともに3番手として異動でしょう。

そこへ1期下の和希そらさんがどう絡んでいくのか。いずれは2番手として朝美絢さんを支えるのか。

朝美絢さんといえば、きれいなお顔を生かした王子様のようなお役もぴったりです。でも小悪魔的な魅力やオラオラな雰囲気も。

2020年雪組公演『ONCE UPON A TIME IN AMERICA(ワンス アポン ア タイム イン アメリカ)』では、女役キャロルをゴージャスに好演。

ショーではオラオラ先輩の彩凪翔(あやなぎ しょう)さんの弟分のように、二人でオラオラ銀橋を渡っていたのを思い出します。

今度は和希そらさんを従えてオラオラやってくれるのでしょうか。この二人のケミストリーが楽しみです。




和希そら:3番手!凰華(あや おうか)さん・縣千(あがた せん)さんの番手を新生雪組の階段降りで予想

和希そらさんの組替えでもう一つ気になるのは、若手スター綾凰華(あや おうか)さんと縣千(あがた せん)さんの番手です。

綾凰華さんは2012年入団の98期生で雪組配属、2017年に星組に組替え。新トップスター彩風 咲奈(あやかぜ さきな)さんのプレお披露目公演の『ヴェネチアの紋章』では、2番手の役を堂々と演じていました。

そしてもうバリバリ売り出し中のダンサー縣千さん。101期生と若手ながらすでに貫禄はばっちり。

2021年8月に初日を迎えた新生雪組お披露目公演フィナーレでの階段降りを見ると、真っ白な2番手羽根をせおった朝美絢さんの後に、綾凰華さんと縣千さんが二人降りでした。

ということは、和希そらさんが異動したあとは、この二人の前に3番手として一人降りという想定でしょうね。

綾凰華さんが4番手、縣千さんが5番手ということでしょうね。

個人的には綾凰華さんのふんわりした優しい芸風と、和希そらさんのピリッとした雰囲気がいい具合に相乗効果になるのでは?と期待しています。

そして縣千さんとは和希そらさんと二人、レベルの高いダンスシーンが見られるのを楽しみにしています。





和希そら:今後は?雪組チケット争奪戦?組替え後は東京フォーラムODYSSEY(オデッセイ)!今後の出演作品を予想(妄想)!ロミオとジュリエット再演か?

和希そらさん異動後の出演作品は早くも2022年1月10日から22日まで東京・東京国際フォーラム ホールC!「New Year’s Spectacular『ODYSSEY(オデッセイ)-The Age of Discovery-』」です。

宙組生として最後の公演 が2020年12月ブリリアホール『プロミセス、プロミセス』。

さすがです!スーパースター!劇団の期待がうかがえますね。

そしてその次は???ワタクシらら子は、いつかはロミオとジュリエットが来るかなーと勝手に妄想しております。

理由といたしましては、

1.ロミオとジュリエットは雪組の新トップの彩風咲奈さんが新人公演で主演している
2.和希そらさん本人がいつか出てみたい作品としてまっさきにあげている
3.役替わりでチケットがよく売れる(笑)

最近のトップさんの傾向なのか、新人公演でやった演目を再演するケースがけっこう多いですよね。ファンからみても成長の度合いが見られて感無量。彩風咲奈さんもそうなる可能性大です!

そして、和希そらさん自身がロミオとジュリエットを希望していること。前に、OG樹里咲穂(じゅり さきほ)さんとのトーク(音楽同好会)で、「あの、ジャン!」って感じが好きなんですと語っていました。

えーと、たぶん冒頭の青チーム(モンタギュー)と赤チーム(キャピュレット)の一触即発のシーンのことだと思うのですが。

ロミオとジュリエットは役替わりが話題。雪組は若手スターも綾凰華(あや おうか)、縣 千(あがた せん)と育ってますから、役替わりやるなら今でしょ!と思います。

今のところ小劇場主演作は超チケット争奪戦の和希そらさん。これ以上チケット取れなくなったら嬉しい悲鳴です。




和希そら:ロミオとジュリエット再演なら何の役?勝手に予想(妄想)

さーて、新生雪組で近々ロミジュリやると仮定して、何の役がいいでしょうねー。
ロミジュリは和希そらさんがリスペクトしてやまない星組トップの礼真琴さんが何度も出演してこのほど集大成を見せつけてくれましたし、和希そらさんの身体の中にはすでに沁み込んでいると思います。
手堅いのはティボルトですよね。オトコの色気だだもれのティボルトを見たい!朝美絢さんと役替わり。どちらも見たい!

2020年の星組を参考にすると、ティボルトとベンボーリオの役替わりあるいはティボルトと「死」の役替わり。となると、綾凰華さん 、縣 千さんも入りますよね。どれも見たーい!

ワタクシらら子は、ベンボーリオよりマーキューシオのそら君が見たいです。ちゃらちゃらイケメンの拗らせ男子。

あーでも、冒頭にヴェローナ大公のソロも和希そらで聞きたい。となるとピーター和希そら。オッケー行けるでしょう。

案外キャピュレット氏もいいんじゃないですか?侍女たちを侍らす色っぽい旦那様。「娘よ」は難しいお歌ですからね、ぱしっと決めてほしいです。

たぶん、ひとりで全訳できると思う。

雪組でロミジュリを再演するとして、ちょっとネックなのはトップ娘役が大人過ぎることかなー。と思いますが、なんなら和希そらジュリエットも大歓迎です。

でもそれだとトップ娘役まさかの乳母役かぁ。それはないな。

あーいかんいかん、すっかりロミジュリやる前提で妄想を広げてしまいました。どんな演目になっても輝くのは間違いなしですね。

バリバリ踊るトップさんの下で、、縣 千さんとニコイチで踊るとか、そんな妄想も花開きます。




和希そら:組替え!らら子の萌えポイント

宝塚の専門番組スカイステージBrilliant Dreams +NEXT#18「朝夏まなと」で初めて認識して以来、ずっと大好きな和希そらさん。お茶会も行ってますよ。
なんでもできるけど、意外と不器用。いつも120%がんばっているそらちゃんです。
今の宙組はとても居心地がよさそうで見ていてもキュンキュンしますが、飛躍の時を迎えましたね。
ずんちゃんこと一期上の桜木みなとさんとの「ずんそら」並びが見られなくなるのも寂しい。
固定の相手役かと思うほど息がぴったりの天彩 峰里(あまいろ みねり)さんと離れるのも寂しい。
和希そらさんを好きすぎる優希しおんさんも寂しがってるだろうなー。

なんて感慨はいろいろです。でもでも、今後は新天地雪組でどんな進化を見せてくれるのか楽しみすぎます。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット(レスポンシブ)