【文楽】心中天網島(しんじゅう てんの あみじま):かんたんあらすじと解説:見どころ

享保五年(1720年)に大阪網島の大長寺(だいちょうじ)で実際にあった紙屋治兵衛(かみやじへえ)と遊女紀伊国屋小春(きのくにやこはる)の心中事件をもとにしています。
『心中天網島』(しんじゅう てんの あみじま)。妻子ある男が、妻と恋人の間で思い悩むが、それに巻き込まれた妻や家族の立場の苦悩を描き、近松の傑作といわれます。

本作以外にも、他の作者により同じテーマでいくつも作品が生まれ、その中のひとつは『時雨炬燵(しぐれこたつ』の題で上演されています。



通称・網島(てんのあみじま)、河庄(かわしょう)、炬燵(こたつ)、小春治兵衛(こはるじへえ)

北新地河庄の段・天満紙屋内の段・大和屋の段・道行名残の橋づくしのうち、多く上演されるのは、北新地河庄の段と天満紙屋内の段です。

紙屋内の段炬燵でふて寝しつつ小春を想って涙を流す紙屋内の段の場面が有名です。

私の中では『心中天網島』といえば「炬燵でウダウダめそめそ男」。

おさんの立派な女房ぶりや献身、そして若くて可憐な小春との女同士の義理。
そして両方から愛されるダメ男。

詞章や名曲とはともかく、つくづく男のファンタジーだと思う話です。

北新地河庄の段

妻子ある紙屋治兵衛は、曽根崎新地の紀伊國屋小春という遊女と深い仲になります。「起請文(きしょうもん)」をとりかわし、心中の約束をして実行の機会をうかがっています。

事態を心配した治兵衛の兄の粉屋孫右衛門(こやまごえもん)に諭されたり、治兵衛の妻おさんが小春に宛てて「夫と別れてほしい」という手紙が届いたりして、一度は平静に戻ります。



天満紙屋内の段

妻おさんは、テキパキとした大阪商人の女房。ところで、家にもどった治兵衛は炬燵に入ってめそめそ泣いています。まだ小春に未練があるのかと文句を言うおさんに、未練ではなく小春が恋敵のよその男に身請けされる、男の意地が通らなかった涙だといいます。

おさんは、治兵衛以外の男に身請けされるぐらいなら、小春は自害するだろうと直感します。小春を殺しては女の義理が立たぬと、身請けの金を作るために家にある着物をかき集めて質入れしようするおさん。そこへおさんの父・五左衛門(ござえもん)が現れ、おさんを実家に連れ戻していきます。

大和屋の段

治兵衛は小春と心中するしかないと決心します。夜更けに店を抜け出し、大和屋で待ち合わせます。心配して探しにきた兄の孫右衛門をかげから後姿を拝んで見送ります。

道行き名残の橋づくし

小春と二人、蜆川(しじみがわ)沿いに、橋をつぎつぎと渡って、網島の大長寺へ急ぎます。

心中とはいえ同じ場所で死んではおさんに申し訳ないと、まず治兵衛が小春を刺し殺し、治兵衛は桶の上で首を吊ります。

大坂(大阪)の橋をよみこんだ「なごりの橋づくし」は名文として知られています。

心中天網島(しんじゅう てんの あみじま)の見どころ

よくできた妻といとしい愛人の中で揺れ動くのも人情。弟を想い、さむらい姿に変装して遊郭まで探りにくる兄の人情。そして、妻おさんと愛人小春の間の女の義理。心中の陰で泣く家族や周りの人たちに焦点を当てたところが、この演目のきわだつところですね。