美の壺 「癒しのあかり ランプ」<File530>お店や場所はドコ?出演者情報もお見逃しなく!NHK美の壺

こんにちは~。らら子です。

今回のNHK 『美の壺』は、「ランプ」。

幻想的な火を灯すランプがたっぷり出てきます♡あのつぶやき芸人さんも!

番組で紹介されたスポットやお店をご紹介。

いざ、癒しのランプワールドへ。




美の壺:放送内容、出演者情報

【番組予告】

見れば必ず癒やされる!あたたかく、なつかしく、美しいランプの数々
▽140個のランプのあかりだけで過ごす青森の秘湯のぜいたくなひととき
▽明治の職人が丹精込めて作った絶品ランプ・粋な楽しみ方
▽芸人ヒロシさんがキャンプで愛用するランプを特別公開!
▽最後の「ハリケーンランプ」職人・感動秘話
▽音楽ユニットEGO-WRAPPIN′と「ハンドランプ」
▽幻想的!阿蘇の温泉地の絶景イルミネーション

出典:番組公式ホームページ
【出演】草刈正雄 木村多江(語り・ナレーション)




美の壺:1つめのツボ「心和ませる 火のぬくもり」

青森県石黒市 ランプの宿

青森県石黒市の「ランプの宿 青荷(あおに)温泉」が登場します。

90年の歴史がある青荷温泉は、電気の通らない山奥にある秘境の温泉。

夜になると宿にある140個もの灯油ランプが幻想的な空間をつくりだします。


(くず@kuze9393さんアップありがとうございます)

オレンジ色の淡いあかりが素敵ですよね。

宿のランプは炎の形にもこだわっているのだとか。

平面に垂直に切った芯の両角を落とすことで、炎は横に広がらず、ぼってりとした丸い形をとどめます。

「丸いものは心が落ち着く」と語るのは温泉スタッフの笹村文明(ささむら ふみあき)さん。

柔らかい炎を見つめていたら、心も体もゆったりとほぐれていきそうです。




明治時代のランプ

西洋からランプが伝わったのは幕末から明治時代にかけて。

その当時につくられたランプを800点も展示する京都祇園らんぷ美術館が登場します。


(紫水街@cryoliterさんアップありがとうございます)

館長の難波俊彦(なんば としひこ)さんは古美術商の3代目で、幼いころ家にあったランプに魅せられ、集めるようになったのだとか。

番組では、難波さんが明治時代のランプの楽しみ方を教えてくれました。

最初に登場したのは、金赤(きんあか)と呼ばれる淡い色のガラスランプです。

暗闇のなかに流麗な文様が浮かび上がり、エキゾチックな美しさを放ちます。

今度は同じ台に、横しま模様の別のガラスランプを付け替える難波さん。

すると提灯のようなしま模様の真ん中に秋草のような植物が配され、和テイストの表情があらわれました。

ガラスランプって場面場面によって使い分けることで、多彩な雰囲気を味わえるんですね!

国も時代も越えて人々を魅了するランプ。

難波さんが夢中になる気持ちも分かります。




美の壺:2つめのツボ「見つめるほどに いとおしく」

ソロキャンパー(ぼっちキャンパー)ヒロシさん愛用のランプ

一年の半分をテントで過ごすという熟練のキャンパーでもある、お笑い芸人のヒロシさん。

キャンプの夜にはランプが欠かせないと語ります。

そんなヒロシさんが4~5年にわたり愛用しているのは、ハリケーンランプと呼ばれるランプです。

両サイドの管を空気が循環することで、長時間使用することができ、嵐の中でも火が消えないのだとか。

機能性だけでなく、ランプがもつ「味」も楽しむのがヒロシさん流。

例えば日が暮れて、ランプのガラスに映り込む焚火の炎もまた「萌えるポイント」なのだそうですよ!

さらに火のつけ方にもこだわりがあって、木の枝で焚火から火を移します。

こんな風に自分なりのランプの楽しみ方を見つけるのも面白いかもしれませんね。

「ないと落ち着かない、居てほしいという存在」とランプについて語るヒロシさん。

ランプへの愛着がひしひしと伝わってきます。




国産ハリケーンランプの製作所

大阪府八尾市の株式会社WINGEDWHEEL(別所ランプ)は、ハリケーンランプを日本で初めて生産しました。

全盛期には200人もの職人が1日2000個ものハリケーンランプを制作していて、高品質な製品は海外からも注文がきていたほどです。


(ケーエムハウス/齋藤 剛@kmhouse55さんアップありがとうございます)

しかし電気の普及にともなって需要は激減。

現在、唯一のハリケーンランプ職人となった別所由加(べっしょ ゆか)さんは、100年続く日本のハリケーンランプを守り続けています。

4年前に職人の先輩が他界してからは、300ある制作工程をただ一人で行っているのだとか。

そんな別所さんを支えるのは、幼いころに聞いたという祖父のこんな言葉です。

「暗闇の中に炎があると人は自然に集いあい、恋人たちは炎のゆらめきが映った瞳に恋をする。家族は電気を消してランプの炎を見つめ語り合えばすてきな家族になれる」

人と人を100年にわたり結びつけ続けるハリケーンランプ。素敵です。




美の壺:最後のツボ「ランプがみせる新たな景色」

ステージを彩るランプ

音楽ユニット EGO-WRAPPIN’のステージに欠かせないのが、20年前にホームセンターで一目ぼれしたという赤いハンドランプ。

今ではステージのシンボルにもなっています。


(こうちゃん⚽🔥🎺🎶🎷@pixy1106さんアップありがとうございます)

「ライブのムードをとにかく大事にしたい。その景色の一部分」と語るのは、ボーカルの中納良恵(なかの よしえ)さん。

「シャンデリアよりも哀愁を感じる」とギターの森雅樹(もり まさき)さんも続けます。

存在感のあるランプだからこそ、他のものでは代用できない独自の雰囲気を出せるのですね!

このランプをデザインした、元工業デザイナーの青木雄作(あおき ゆうさく)さんは、手に持って楽しい光としてオリンピックで聖火を運ぶトーチをイメージしたのだとか。

もともとは工事現場でしか使われなかったハンドランプでしたが、家庭のDIYでも使えるようにとデザインを一新したそうですよ!

本来の用途を越えて、さまざまなシーンで活躍するランプの可能性を感じます。




温泉街のイルミネーション

黒川温泉のある熊本県阿蘇北部・南小国町(みなみおぐにちょう)は、緑豊かな山々に囲まれた温泉街。

冬から春にかけて、鞠の形のランプを500個も使ったイルミネーション「湯あかり」が楽しめます。


(choaco@kikuchichoacoさんアップありがとうございます)

黒川温泉の冬の風物詩として、毎年多くの観光客を集めるというこのランプは、地元の人たちの手作りです。

地元の竹を白い部分が内側になるように曲げ、その輪を組み合わせることで、丸い形をつくっていきます。

竹の内側が白く反射することで、淡い光が生まれるんですって!

町の中心を流れる田の原川の水面にゆらぐ幻想的なあかり。

一度は見てみたい美しい景色のひとつです。




美の壺:再放送・バックナンバー情報

美の壺・合わせて読みたい バックナンバー

NHK美の壺の【バックナンバー】をまとめてみました。
2019年以降の放送一覧のまとめはこちら。

こんにちは。らら子です。 いつも楽しみに見ているNHK『美の壺』のバックナンバーを2019年後半から現在までまとめてあります。

2021 年はBSプレ・Eテレともにこちらが放送一覧です。

こんにちは、らら子です。 毎回楽しみにしているNHK『美の壺』。2021年の放送一覧をまとめてみました。お役に立てれば幸いです。 ...

2020 年はBSプレ・Eテレともにこちらが放送一覧です。

こんにちは、らら子です。 毎回楽しみにしているNHK『美の壺』。2020年の放送一覧をまとめてみました。お役に立てれば幸いです。 ...

2019年はこちらです。

こんにちは、らら子です。 2019年7月から始めたこのブログ。記事もたまってきたので月別放送一覧を2019年バックナンバーにまとめてみまし...

ご参考になさってくださいね。




美の壺・放送予定。再放送はいつ? NHKオンデマンド登録で見逃し視聴もできます。

今回の『美の壺』初回放送は2021年3月13日(金)でした。番組内容もこの時点のものです。

放送スケジュールは2020年4月現在で、
Eテレ「美の壺・選」の放送は、日曜日午後11時~、再放送は毎週木曜日午前11時~です。
BSプレミアム「美の壺」は毎週金曜日午後7時30分~、再放送は毎週土曜日午前6時45分~です。

BS4Kは、BSプレミアムと同じ毎週金曜 午後7時30分で、再放送は回数が増えて、
日曜日午前6時45分、月曜日午後4時00分、金曜日午前9時00~の3回あります。
キレイな画質のBS4Kは美の壺のような番組にはピッタリですね!

NHKオンデマンドなら月額の見逃し見放題パックや単品視聴ができます。月々500~600本の番組が放送当日または翌日から見られます。

最近では「ないエンタメがない」がキャッチコピーのU-NEXT(ユーネクスト)も話題ですね。最初の31日間は無料おためし期間だそうです。




【参考サイト】

番組公式ページ https://www.nhk.jp/p/tsubo/ts/3LWMJVY79P/
NHKオンデマンド https://www.nhk-ondemand.jp/
NHK クロニクル  https://www.nhk.or.jp/archives/chronicle/
NHKの旧美の壺詳細サイト https://www.nhk.or.jp/tsubo/program/




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット(レスポンシブ)