美の壺 「すこやかな芸術品 益子焼」<File 486>作家は誰?お店や場所はドコ?出演者情報もお見逃しなく!NHK美の壺

こんにちは~。らら子です。

今回のNHK 『美の壺』は、「益子焼(ましこやき)」。実家にも益子焼のお茶碗があったのを思い出します。ぼってりほっこりした器から斬新な現代風の器までたっぷり出てきそう
番組で紹介されたスポットやお店をご紹介。

いざ、益子焼ワールドへ。



目次

美の壺:放送内容、出演者情報、オンエア 再放送予定

【番組予告】

ぽってりとした素朴な土感とあたたかみが持ち味の益子焼。江戸時代末期に栃木県益子町で、すり鉢、瓶など生活の道具として誕生
▽益子焼を芸術品に高めた人間国宝の濱田庄司の作品
▽今や500人もの陶芸家が個性を磨く
▽かの有名駅弁の誕生秘話
▽乙女が胸キュン!カラフルな陶器を作る若手陶芸家
▽5日間の寝ずの番!炎を器に写し取る窯焼きに密着。伝統、斬新、癒し、自然…多様に広がる益子焼の世界をご紹介します!

出典:番組公式ホームページ

【出演】草刈正雄 木村多江(語り・ナレーション)



美の壺・一つ目のツボ 生活の中の芸術品

栃木・益子町 濱田庄司記念益子参考館
(はまだしょうじ きねん ましこ さんこうかん)
http://www.mashiko-sankokan.net/

濱田庄司は、近現代の日本を代表する陶芸家の一人です。
公益財団法人 濱田庄司記念益子参考館は、濱田庄司自らが長い時間をかけて蒐集した陶磁器、漆器、木工、金工、家具、染織、その他の工芸品を展示・公開するために、自邸の一部を活用するかたちで1977年4月に開館しました。
出典: http://www.mashiko-sankokan.net/shoji.html



濱田窯 濱田友緒(はまだ ともお)さん
https://hamadagama.jimdo.com/

濱田庄司の孫の友緒さんが受け継いでいる窯です。



大誠窯(だいせいがま) 大塚誠一(おおつか せいいち)さん
http://www.mashiko-kankou.org/shop/?shop=00346

益子最大規模の登り窯。6代目 大塚邦紀氏とその息子である7代目 大塚誠一氏が窯を継承しています。



峠の釜めし 本舗おぎのや
www.oginoya.co.jp

JR信越本線・横川駅(群馬県)の駅弁「峠の釜めし」。峠の釜めしの一番の特徴は益子焼の土釜(どがま)の容器。ぽってりとした温かみと重みが人気。



美の壺・株式会社つかもと
http://www.tsukamoto.net/

横川の釜めしの容器を作っているのはこちら。

1864年創業。益子最大の窯元。益子焼最大の窯元「つかもと」では、自然に囲まれた広大な敷地の中で、陶芸体験やギャラリー・美術品鑑賞などが満喫できます。
出典:公式サイト

レストランで釜めしも食べられるんですねー。

O谷@就活中さんツイートありがとうございます^^



美の壺・二つ目のツボ 時をこえて

益子の良さはその自由さ。益子に移り住んで作陶する若いアーティストが500人を超えているといいます。
そのうちの2人の若い女性の陶芸家が紹介されました。

陶芸家 山野辺綾(やまのべ あや)さん
https://ayayamanobe.com/

陶芸家。 1983年福島県いわき市出身。益子在住。
武蔵野美術大学デザイン情報学科在学中より陶芸サークルにて作陶開始。 卒業後、独学にて試作を重ね、2010年初個展。
現在は益子を拠点に、展示会等を中心に活動中。
出典:https://ayayamanobe.com/about/

この投稿をInstagramで見る

Aya Yamanobeさん(@yamanobeaya)がシェアした投稿



陶芸家 中村かりんさん
https://www.instagram.com/kkarinnnnn/

中村かりんさんは、益子焼の若手大人気作家。
イッチンという手法を用いて自分の欲しい器を作るそうです。乙女のハートをつかんで離しません。
中村さんは、式場のヘアメイクのアシスタントや美容部員の仕事をしていました頃に、友人に誘われて陶芸の体験教室に行ったのが2006年。その後、益子で修業を始めたそうです。
出典:http://momijiichi.com/2019/creators/nakamurakarin

View this post on Instagram

コアラ

A post shared by Nakamura Karin 中村 かりん (@kkarinnnnn) on



美の壺・最後のツボ 大地の恵みにあずかって

陶芸家 竹下鹿丸(たけしたしかまる)さん
https://www.instagram.com/shikamaru.t/

陶芸仲間から「天才」と言われる竹下さん。5日にも及ぶ火との闘いで、火を器に写し取ります。



東京・江戸川橋 酢飯屋 岡田大介(おかだだいすけ)さん
https://www.sumeshiya.com/

竹下鹿丸さんの器を愛してやまないお寿司屋さんです。
お寿司屋さん以外に、カフェやギャラリーを異なる屋号で運営

■酢飯屋(寿司)
■suido cafe(カフェ)
■水道ギャラリー
■神楽市場(物販)

プレビューのお顔が切れちゃいましたが、ツイート。



番組では紹介されなかった栃木・益子町と益子焼が楽しめるスポット

個人的に行ってみたいところをさらにピックアップしてみましたー。

栃木・益子町 益子陶芸美術館(ましことうげいびじゅつかん)
http://mashiko-museum.jp/index.html

益子国際工芸交流事業(アーティスト・イン・レジデンス)、近現代陶芸、旧濱田庄司邸など。




東京・駒場 日本民芸館
http://www.mingeikan.or.jp/collection/author01.html

民藝運動に参加したバーナード・リーチ、濱田庄司、河井寛次郎、芹沢銈介、棟方志功ら工芸作家の作品も収蔵している。
出典:http://www.mingeikan.or.jp/collection/

この投稿をInstagramで見る

日本民藝館さん(@nihon_mingeikan)がシェアした投稿



栃木・益子町観光協会 益子陶器市(ましことうきいち)
http://blog.mashiko-kankou.org/

陶器市は1966年(昭和41年)から始まり、例年、春のゴールデンウイークと秋の11月3日前後に開催されます。
販売店約50店舗の他約500のテントが立ち並び、伝統的な益子焼から、カップや皿などの日用品、 美術品まで販売されます。
テントでは新進作家や窯元の職人さん達と直接会話を楽しむことができます。
焼物だけでなく地元農産物や特産品の販売も行われ、春秋あわせて約60万人の人出があります。
出典:http://blog.mashiko-kankou.org/ceramics_bazaar/

栃木・益子町 【第104回益子秋の陶器市】実行委員会
https://twitter.com/mashikotokiichi

益子の陶器市実行委員会はTwitterとFacebook、Instagramで情報発信しています。
「器を購入した際、陶器販売店なら袋に、お店の名前が入っているか確認し、テントで購入した時は、ショップカード、名刺を忘れずにもらってくださいね!」とのことです(*’▽’)

View this post on Instagram

【益子陶器市スタヂオからのお願い】 . . 「この器を作った陶芸家を教えてください」 「ここあたりのテントの作家さんなのですが、知っていますか?」 「家に持って帰ったら、器が欠けていました。交換したいのですが、どこのお店でしょうか?」 「この器、1枚割ってしまったので購入したいのですが、どこに行けば買えますか?」 などの問い合わせをいただきます。 . . テント村の作家なら、みつけやすいのですが、個人のテントですと、テントがひしめきあっていて探すのが難しいです。 . . 実際に、陶器市期間中に走って、作家探しをしたことがありますが、人が大勢いる中、みつけ出すのに苦労しました。 . . 器を購入した際、陶器販売店なら袋に、お店の名前が入っているか確認し、テントで購入した時は、ショップカード、名刺を忘れずにもらってくださいね! . . #ましこ102 #益子 #益子町 #栃木県 #益子焼 #益子陶器市 #益子陶器市2018秋 #益子陶器市大好き #陶芸 #陶器 #磁器 #器好き #器 #うつわ #陶芸家 #焼き物 #ものづくり #作家 #観光地 #益子陶器市戦利品 #菊練り #粘土 #陶土 #ろくろ #japan #mashiko #potter #pottery #ceraics #益子陶器市スタヂオ

A post shared by 益子陶器市スタヂオ (@mashiko_tokiichi_studio) on



美の壺:合わせて読みたいバックナンバー・ランキング・テーマリンク

こんにちは~。らら子です。 『美の壺』って、いろんな焼き物が登場するなぁと思ってブログ記事の【焼き物】リンクを作ってみました。これから...

NHK美の壺【2019】おすすめ人気ランキング10選!

NHK美の壺【バックナンバー】2019 年[BSプレ・Eテレ放送一覧]

美の壺・放送予定。再放送はいつ? NHKオンデマンド登録で見逃し視聴もできます。

今回の『美の壺』初回放送は2019年10月11日でした。番組内容もこの時点のものです。

いつものスケジュールは、BSプレミアム「美の壺」は毎週金曜日午後7時30分~、再放送は毎週土曜日午前6時30分~です。

人気のある回は数か月後~数年後にEテレ「美の壺・選」でも放送しています。こちらは日曜日午後11時~、再放送は毎週木曜日午前11時~です。

BS4Kの放送も始まりました。『美の壺』は基本的に木曜日放映が多いですが、時間帯は不定期なので要チェックです。

NHKオンデマンドなら月額の見逃し見放題パックや単品視聴ができます。月々500~600本の番組が放送当日または翌日から見られます。


【参考サイト】

番組公式ページ https://www4.nhk.or.jp/tsubo/
放送予定 https://www4.nhk.or.jp/tsubo/
再放送予定 https://www4.nhk.or.jp/tsubo/2/
NHKオンデマンド https://www.nhk-ondemand.jp/
NHK クロニクル  https://www.nhk.or.jp/archives/chronicle/
NHKの旧美の壺詳細サイト https://www.nhk.or.jp/tsubo/program/



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする