【文楽】2020年2月【東京公演】アフター7文楽も登場!まとめ:感想・配役・あらすじなど【令和元年2月公演】

こんにちは。らら子です。

2020年2月東京公演のまとめです。
2月公演はなんといっても竹本錣太夫(たけもとしころだゆう)さんの襲名披露公演。おめでとうございます!2月公演は三部制で襲名披露公演は二部で行われました。

そして、今回は東京では初めて「アフター7 BUNRAKU」が登場。三部の後半「鳴響安宅新関(なりひびくあたかのしんせき)のみを3000円で見られるという超お得なプランが話題を呼びました。

この投稿をInstagramで見る

国立劇場(東京・半蔵門)(@nationaltheatre_tokyo)がシェアした投稿






2020年2月公演第一部 『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅならいかがみ)』

第一部は、『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅならいかがみ)』の三段目。通称「佐太村(さたむら)」です。

荒々しい「車曳(くるまびきのだん)」、コミカルな「茶筅酒の段(ちゃせんざけのだん)」、そして胸に詰まる「喧嘩の段(けんかのだん)」、「桜丸切腹の段(さくらまるせっぷくのだん}」と、通して上演されました。

配役はこちらからどうぞ。

令和2年(2020年)2月文楽公演(東京・国立劇場小劇場)の第一部配役です。 リンクを貼ってある出演者名は芸歴などの情報が見られます。 ...

かんたんあらすじもあわせてお読みください。

『菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)』は、浄瑠璃三大名作のひとつ。 学問の神様ともいわれる菅原道真(すがわらみちざね)つ...

この投稿をInstagramで見る

国立劇場(東京・半蔵門)(@nationaltheatre_tokyo)がシェアした投稿






2020年2月公演第二部 竹本錣山太夫襲名披露

『新版歌祭文』、通称『野崎村』と、『傾城反魂香(けいせいはんごんこう)』から通称「ども又」。

二部の配役はこちらをご参照くださいね。

令和2年(2020年)2月文楽公演(東京・国立劇場小劇場)第二部の配役です。 リンクを貼ってある出演者名は芸歴などの情報が見られます。 ...

『新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)』

第二部は、前半が若い男女の哀しい三角関係を描いた『新版歌祭文』。お互いを思いやるそれぞれの心情が切ないです。

のかんたんなあらすじもよろしければどうぞ。

人形浄瑠璃の演目『新版歌祭文』(しんばん うたざいもん)の「第三幕 野崎村の段」。この段ばかり上演されるので、通称『野崎村』とも呼ばれます。...

この投稿をInstagramで見る

国立劇場(東京・半蔵門)(@nationaltheatre_tokyo)がシェアした投稿







『傾城反魂香(けいせいはんごんこう)』「土佐将監(とさのしょうげんかんきょのだん)

後半は、豊竹呂太夫さんのおめでたい襲名披露口上に続き、いよいよ六代目竹本錣太夫(たけもと しころだゆう)さんの襲名披露狂言『傾城反魂香(けいせいはんごんこう)』「土佐将監(とさのしょうげんかんきょのだん)が上演されました。

吃音ゆえに苦労する又兵衛、反対に弁の立つ又兵衛の妻、そして吃音が直ってスラスラと話し始める又兵衛と、ベテランならではの鮮やかな描かれ方でした。

かんたんなあらすじはこちらをごらんくださいね。

人形浄瑠璃の演目『傾城反魂香』(けいせいはんごうこう)の「土佐将監閑居の段(とさのしょうげんかんきょのだん)」。御用絵師(ごようえし)の土佐...

この投稿をInstagramで見る

国立劇場(東京・半蔵門)(@nationaltheatre_tokyo)がシェアした投稿






2020年2月公演第三部:アフター7文楽も登場

第三部は、涙、涙の2本。

二部の配役はこちらをごらんくださいね。

令和2年(2020年)2月文楽公演(東京・国立劇場小劇場)の第三部配役です。 リンクを貼ってある出演者名は芸歴などの情報が見られます。 ...

新口村(にのくちむら)

前半は、はからずも公金横領の罪を犯してしまった忠兵衛と、恋人の遊女梅川の逃避行を扱った『新口村(にのくちむら)』。

ひとめ父に会いたいと捜査網をかいくぐり故郷に舞い戻る二人と父・孫兵衛の哀しい再会。

かんたんなあらすじはこちらをご参照ください。

近松門左衛門原作の心中物「冥途の飛脚(めいどのひきゃく)」を元に改作された演目で、実際にあった公金横領事件、いわゆる「封印切(ふういぎり)」...






『鳴響安宅新関(なりひびくあたかのしんせき)』

後半は『鳴響安宅新関』、通称『勧進帳』

勇壮な弁慶のスーパーマンぶりと、関所の役人富樫の丁々発止のやり取りが見もの。男同士の関係性が涙を誘いました。

文楽『鳴響安宅新関(なりひびくあたかのしんせき)』は、勧進帳(かんじんちょう)の段。歌舞伎では十八番のひとつとしても知られる人気の演目です。...

https://twitter.com/nt_tokyo/status/1227527491570417664

今回から、東京公演でも一幕見の「アフター7BUNRAKU」が導入されて話題になりました。「アフター7BUNRAKU」は、
午後7時25分からの約1時間、料金は一等席6,400円のところ半額以下の3,000円。

アフター7BUNRAKUのご案内https://www.ntj.jac.go.jp/topics/kokuritsu/2019/after7bunraku.html

これを機会に文楽に興味を持つ人が増えるといいなぁと思います。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする