【文楽】2021年4月3部配役【大阪】出演者・日程・時間変更:令和3年4月文楽公演(人形浄瑠璃)国立文楽劇場

令和3年(2021年)4月文楽公演(大阪・国立文楽劇場)第3部の配役です。
リンクを貼ってある出演者名は芸歴などの情報が見られます。

公演期間 2021年4月3日(土)~4月25日(日)※14日(水)は休演

国立文楽劇場サイトで「ムムム‼文楽シリーズ オリジナル動画「ご来場のお客様へのお願い 国立文楽劇場」が公開されました。出演者情報もまとめたのでごらんくださいね。

国立文楽劇場たのしいソーシャルディスタンス観劇指南動画:文楽劇場の本気:出演者情報:ニューノーマル





文楽2021年4月3部:「傾城阿波の鳴門(けいせいあわのなると)」

意味もよくわからず「おあしとやらをたーんと持っている」という言葉をもらしがたが故の悲劇。やりきれない話です。

十郎兵衛住家の段 太夫・三味線 配役




十郎兵衛住家の段 人形役割 配役




2021年4月第3部 「小鍛冶(こかじ)」

年輩の技芸員さんだとプロフィールに「小鍛冶で初舞台」という文字をよく見かけます。初舞台向けになにか理由があるのでしょうか。

太夫・三味線 配役




人形役割 配役




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツユニット(レスポンシブ)