美の壺 「フグづくし」<File 298 >番組紹介のお店や場所はドコ?出演者情報もお見逃しなく!NHK美の壺

こんにちは~。らら子です。

今回のNHK 『美の壺』は、「フグ」。冬の味覚フグがたっぷり出てきます♡

番組で紹介されたスポットやお店をご紹介。食べてよし、愛でてよし、いざ不思議なフグワールドへ。





美の壺:放送内容、出演者情報、オンエア 再放送予定

【番組予告】憧れの冬のグルメ、河豚(ふぐ)。

ふぐちり、ふぐ刺し、ひれ酒! 毒を持つのに愛されてきたのは味わい。

  • 古くから日本人をとりこにしてきた。
  • 寝かせておいしく美しくなる究極の刺身とは?
  • 味にとどまらず独特の姿や性質も魅力。まん丸が可愛い子供も大好きなフグのおもちゃとは?
  • そして実は観賞魚としても大人気のフグ。
  • お魚博士・さかなクンが熱く語ります。

食べてよし、愛でてよし、フグの不思議な美の世界へご招待します。
出典:番組公式ホームページ

【出演】草刈正雄 礒野佑子(語り・ナレーション)

【オンエア・再放送予定】

  • 本放送  2019年12月25日(水)10:45-11:15 NHK BS プレミアム
  • NHKオンデマンドでも視聴できます。





 美の壺:「手間暇かけて美しく」

下関唐戸南風泊市場 (はえどまりしじょう)

全国で唯一ふぐを専門に取り扱う卸売市場が登場します。

下関唐戸南風泊市場株式会社 (http://www.karato.jp/)

天然とらふぐをはじめ多くのふぐが集まってきます。午前3時台に始まるセリは「袋セリ」と言われ、セリ人と業者が布袋に手を入れ、指先で値段を決める独特のものです。(業者専門の市場のため、一般見学は出来ません)。
出典:http://haedomari.com/





(株)平越  (株)天白ひらこし/
社長・平尾泰範さん、専務・平尾瞳さん

番組に登場したフグの目利きは、平尾泰範さんと、平尾瞳さん。
それぞれ、卸の目利き、出荷前の検品の目利きです。
お二人が社長と専務を務める(株)平越  (株)天白ひらこしでは、天然のとらふくを全国の有名料亭や専門店へ卸しています。

熟練の目をしても、さばいてみないと本当の良さはわからないとのこと。

下関では、ふぐをさばいてきれいにした状態で出荷することを「磨く」というそうです。

毒のある部位をり除き、身を美しく切り分けて整えます。

ふぐを扱って50年の平尾瞳さんは、磨かれたふぐを検品します。まずは刺身向きのふぐ。弾力性があり、形がよく、艶(つや)があるものを選ぶそうです。

一般の客さんが料理をいただくなら、次項の「ふく楽舎」さんへ。





天白ひらこし ふく楽舎(ふくらくしゃ)

前述の平尾さんが経営する別会社で美味しくフグがいただけます。

ふく楽舎(ふくらくしゃ)http://www.fukurakusya.jp/

こちらでは、「ふぐ」と言わずに「ふく」というのですね。「ふく」は「福」に通じる縁起ものです。

サイトには、ふくの基本、レストラン、ご進物のご案内などがぎっしり載っていて、ふぐへの愛を感じます。

こちらの素晴らしいふぐ刺しも、ふく楽舎の料理長、内田祐介さんの手によるものだそうです。

(えぬべるさんアップありがとうございます)





『つきじやまもと』店主 山本邦芳さん

ふぐ料理店、店主の山本邦芳さんが登場します。

つきじやまもと (http://www8.plala.or.jp/tsukijiyamamoto/)

新鮮なフグを新鮮なうちに調理するのかと思ったら、うま味を引き出すために、2日ほど寝かせるんですね。水揚げから輸送の日数も含めると、口に入るのは5日後。

ふぐの身は高タンパク、低脂肪なので、熟成させるとタンパク質が分解され、アミノ酸のうま味成分が増すということです。粘りが出て、薄造りにしてもちぎれないのだとか。

これぞ、熟練の技による神髄です。





美の壺:2つめのツボ「まん丸に福を込める」

ふぐコレクション 増田明弘さん

ふぐの形をした提灯、ふぐの笛など、さまざまなふぐグッズが登場します。すべて増田明弘さんのコレクションだそうです。その数4000点以上。

「下関では『ふぐ』じゃなくて、『ふく』と。幸せを呼ぶ『福』。『ふく』の円満な顔、絵になるんですよね。」と語ります。

ネットの書き込みによると、増田さんは地元の老舗おせんべやさんの五代目の跡取りだったのが、ふぐグッズに入れ込み過ぎて別の方が五代目になったとか、ふぐグッズ博物館を開いているとか、情報が出ていましたが、裏は取れていません。

福に囲まれて幸せな人生ですよね^^





ふぐちょうちん ふく問屋 酒井商店
西田博さん 酒井由美子さん

下関を代表する工芸品、本物のふぐの皮使ったふぐ提灯(ちょうちん)が登場します。丸々と太った福々しい姿に、キュッとすぼんだ口元と上目遣いがかわいいですね。

西田さんが皮と身をはがして本体を、酒井さんが仕上げの目を入れていきます。

老舗ふく問屋 酒井商店 https://www.fugu-sakai.com/

こちらはふぐ問屋ですが、ふぐ提灯の元祖のお店だそうです。

ふく提灯発祥の店です。当店の創業者である酒井徳市がふく提灯を考案いたしました。
出典:https://www.fugu-sakai.com/ec/products/list?category_id=23

オンラインショップがあります。

下関さかいオンラインショップ https://www.fugu-sakai.com/ec/





美の壺 最後のツボ:顔を合わせてにらめっこ

美の壺:ゲスト さかなクン さん

お魚といえば、NHK『ニュースシブ5時』の「さかなクンのギョギョ魚ななかまたち」コーナーでもおなじみの、ご存知さかなクンさんの登場です。

さかなクン 公式サイト http://www.sakanakun.com/

東京海洋大学名誉博士(2015年3月)でもあるさかなクン。2010年には絶滅したと思われていたクニマスの生息確認し、お魚の情報や正しい知識、美味しい食べ方や環境問題など、明日の漁業のために、全国各地で講演をしています。出典:http://www.sakanakun.com/

さかなクンは千葉県館山在住。自宅の水族館「フィッシュハウス」では、70種類もの魚たちを飼っていて、中でもお気に入りはふぐの仲間だそうです。

「機嫌がいいときは、ふぐちゃんのほうもずっとこっちを向いてにらめっこっていうかですね、ずっと見つめ合ってることもあります。」と語ります。

愛にあふれて生き生きしているさかなクンの姿を見ると、愛に包まれて育まれた方なんだなと感じます。

小さい頃からトラックや妖怪、お魚に強い興味を持っていたさかなクン。今のおさかな博士としての活躍も、お母様がさかなクンの「好き」を伸ばし続けてくれたからだそうです。(出典https://sho.jp/sho1/7640)

わが子を信じて「好き」を応援し続ける、一言でいえば簡単ですが、周囲の声に負けずにわが子の「好き」を守り通すのは並大抵のことではなかったと思います。

さかなクンのお母様ありがとうございます。らら子はそんなふうにしみじみと思いました。

美の壺:再放送・バックナンバー情報

美の壺・合わせて読みたい バックナンバー

NHK美の壺の【バックナンバー】をまとめてみました。

2020 年はBSプレ・Eテレともにこちらが放送一覧です。

こんにちは、らら子です。 毎回楽しみにしているNHK『美の壺』。2020年の放送一覧をまとめてみました。お役に立てれば幸いです。 ...

2019年はこちらです。

こんにちは、らら子です。 2019年7月から始めたこのブログ。記事もたまってきたので月別放送一覧を2019年バックナンバーにまとめてみまし...





美の壺・放送予定。再放送はいつ? NHKオンデマンド登録で見逃し視聴もできます。

今回の『美の壺』初回放送は2014年01月10日(金)でした。番組内容もこの時点のものです。

Eテレ「美の壺・選」の放送は、日曜日午後11時~、再放送は毎週木曜日午前11時~です。

BSプレミアム「美の壺」は毎週金曜日午後7時30分~、再放送は毎週土曜日午前6時30分~です。

BS4Kの放送も始まりました。『美の壺』は基本的に木曜日放映が多いですが、時間帯は不定期なので要チェックです。

NHKオンデマンドなら月額の見逃し見放題パックや単品視聴ができます。月々500~600本の番組が放送当日または翌日から見られます。





【参考サイト】

番組公式ページ https://www4.nhk.or.jp/tsubo/

放送予定 https://www4.nhk.or.jp/tsubo/

再放送予定 https://www4.nhk.or.jp/tsubo/2/

NHKオンデマンド https://www.nhk-ondemand.jp/

NHK クロニクル  https://www.nhk.or.jp/archives/chronicle/

NHKの旧美の壺詳細サイト https://www.nhk.or.jp/tsubo/program/





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする