美の壺 「涼を楽しむ 夏の甘味」<File 479>お店や場所はドコ?出演者情報もお見逃しなく!NHK美の壺

こんにちは~。らら子です。

今回のNHK『美の壺』は、「涼を楽しむ 夏の甘味」

目にも涼しいひんやりつるんとした夏の甘味がたっぷり出てきます♡
番組で紹介されたスポットやお店をご紹介。

いざ、夏の甘味ワールドへ。



美の壺:放送内容、出演者情報、オンエア 再放送予定

【番組予告】

わらび餅、ゼリー、みつ豆、ところてん、水ようかん…安らぎと清涼感をもたらす夏の甘味を紹介!

▽京都・貴船の川床でいただく「わらび餅」

▽食べる宝石!創業130年以上の和菓子店が手がける輝く「ゼリー」

▽目にも涼しい、氷のような寒天キューブの「みつ豆」

▽黒蜜派?酢じょうゆ派?富士山の湧き水が生み出す「ところてん」

向田邦子が、音楽から照明までこだわる「水ようかん」究極の味わい方とは?!

【ゲスト】夏井いつき・向田和子

【出演】草刈正雄 木村多江(語り・ナレーション)



美の壺:ゲスト 向田和子さん

向田邦子さんの妹で、ご自身もエッセイストである向田和子さんが、思い出を語ります。

和子さんのプロフィールはこちら。

  • 職業:エッセイスト
  • 出身:1938年に東京生まれ
  • 経歴:作家・脚本家の向田邦子の妹。1978年、邦子とともに東京赤坂に惣菜・酒の店「ままや」を開店(1998年に閉店)。著書に『かけがえのない賭り物 ままやと姉・邦子』
  • 出典:新潮社 https://www.shinchosha.co.jp/sp/writer/2963/





美の壺:ゲスト 夏井いつきさん

夏の甘味への俳句を指導してくださったのは夏井いつきさん。
夏井さんのプロフィールはこちらです。

  • 職業:俳人・エッセイスト
  • 出身:1957年に愛媛県生まれ
  • 経歴:俳句集団「いつき組」組長
  • 出典:夏井&カンパニー www.natsui-company.com/



美の壺:番組で紹介されたお店

京都・貴船の川床でいただく「わらび餅」

奥貴船 兵衛(おくきふね ひょうえ) https://hyoue.com/#ContBox01

〒601-1112 京都市左京区鞍馬貴船町101番地

夏も涼しい貴船。関東モノには憧れです。
できたての「わらび餅」がカフェでもいただけるんですね。
手軽に食べられるのはいいですね。。





京都「大極殿本舗六角店 栖園(だいごくでんほんぽ ろっかくみせ せいえん)

食べる宝石!創業130年以上の和菓子店が手がける輝く「ゼリー」が食べられるのは、京都「大極殿本舗六角店 栖園(だいごくでんほんぽ ろっかくみせ せいえん)

〒604-8117 京都市中京区六角通高倉東入ル南側

これは美しいですねー。
1年間で全種類コンプリートした人のブログを見ましたが、
羨ましいです。



東京浅草「舟和(ふなわ)」

目にも涼しい、氷のような寒天キューブの「みつ豆」が食べられるのは老舗の舟和さんです。

東京浅草「舟和(ふなわ)」 http://funawa.jp/

東京都台東区浅草1-22-10

舟和といえば、芋ようかんやあんこ玉でも有名ですね。
みつ豆の起源のお店とは知りませんでした。
カフェもあるので、浅草に行ったら寄ってみようと思います。




静岡「ところてんの伊豆河童(いずかっぱ)」

黒蜜派?酢じょうゆ派?富士山の湧き水が生み出す「ところてん」があるのは、伊豆河童さん。面白い名前ですね。

静岡「ところてんの伊豆河童(いずかっぱ)」 https://www.tokoroten.co.jp/

〒411-0907 静岡県駿東郡清水町伏見184-3

ところてんもみつ豆も、寒天がなくては始まりません。
天草と、良質の水がおいしさの秘密なんですね。

コバルトブルーに輝く透き通った水!

https://twitter.com/jouta559/status/1155806721077420032





東京・青山「菓匠 菊家(きくや)」

向田邦子が、音楽から照明までこだわる「水ようかん」究極の味わい方とは?!

東京・青山「菓匠 菊家(きくや)」http://www.wagashi-kikuya.com/

(仮店舗営業中)

1981年に航空機事故で亡くなった向田邦子さんは食通でも有名でした。
向田さんごひいきの、菊家さんの水ようかん。

菊家さんの和菓子は、樹木希林さんの遺作ともなった映画「日日是好日」でも使われていました。

皆様は、10月13日より全国でロードショーされている”日日是好日”(にちにちこれこうじつ)という映画をご存じでしょうか?茶道教室に通った約25年について記した森下典子さんのエッセイを映画化し故・樹木希林さんが演じておられます。微力ながら当店もこの映画にたずさわることが出来ました。このポスターをみてピンときた方…素敵です(笑)https://www.nichinichimovie.jp/

菓匠 菊家さんの投稿 2018年10月24日水曜日



美の壺 3つのツボ

美の壺・一つ目のツボ 伝統を涼やかに演出

いにしえより「京の奥座敷」と呼ばれてきた京都・貴船。
ここの夏の風物詩は「川床」でいただく甘味の中でも人気なの「わらび餅」。
空気を入れるように混ぜ餅の中に滝のしぶきを表現する気泡を作り、
水に浮かべて涼やかな川の流れを演出。お好みで黒蜜やきなこを。

明治18年創業の京都・祇園の和菓子店。
江戸時代の町家を改築した店構えの一角に喫茶室。
坪庭を眺めながらいただく毎月違う寒天のゼリー

5月は抹茶、6月は梅酒蜜、7月はミント、8月はショウガで暑気払い……。
まさに「食べる宝石」。

「え~ 夏の季語は「うちわ」「浴衣」。}j草刈りさん、なにやら俳句をひねり出したようです。



美の壺・二つ目のツボ 目にも涼しく舌にも涼しく

明治36年に日本で初めて「みつ豆」を売り出した老舗和菓子店の甘味処。
「夏に お菓子で涼しさを感じてほしい」と考えられたみつ豆は、
寒天をサイコロ状に切ったところまるで氷のようだと評判に。
トッピングは あんずと赤えんどう豆。そして求肥。
「みつ豆ホール」と命名した洋風を意識した喫茶店で銀色の器とスプーンで提供。

奈良時代 中国から伝わったというところてん。

静岡県西伊豆町はところてんの原料となる「天草」の一大産地。
明治2年創業の ところてん工場。
富士山の雪解け水が湧き出す柿田川の透明度が高い水が使われます。
磯の香りと銘水が生み出す五感で楽しむ夏の味わいです。

 俳句をひねる草刈さん。「みつ豆 食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」

 

「すがすがしいほどのパクリです!才能ありません!」
夏井いつきさん登場。

「夏の甘味」は夏の季語になっているものも多いそうです。
みつ豆 あんみつ ゼリー くずきり、ところてん 氷菓、など。
かき氷は別の季語で、アイスクリーム系はひっくるめて氷菓。

 氷菓の俳句2句。


氷菓互ひに中年の恋ほろにがき 秋元不死男

少女らへ満艦飾の氷菓くる 平松美知子



美の壺・最後のツボ 時をこえて 愛されて

向田邦子さんのお気に入りは自宅近くの和菓子屋(菊家)の水ようかん。
自ら「水羊羹評論家(みずようかんひょうろんか)」と名乗るほどでエッセーにも記しています。

水羊羹を食べるときの「ムードミュージックは、ミリー・ヴァーノンの「スプリング・イズ・ヒア」が一番合うように思います。」とエッセイで語りました。

かごしま近代文学館  https://www.k-kb.or.jp/kinmeru/


かごしま近代文学館には、向田邦子さんが愛用されていた器が収められています。

水羊羹には直径15センチほどの ぽってりとした皿を水羊羹に使っていたそうです。

草刈さんは俳句の才能がないとあきらめたようですよ。





美の壺:再放送・バックナンバー情報

美の壺・合わせて読みたい バックナンバー

NHK美の壺の【バックナンバー】をまとめてみました。

2020 年はBSプレ・Eテレともにこちらが放送一覧です。

こんにちは、らら子です。 毎回楽しみにしているNHK『美の壺』。2020年の放送一覧をまとめてみました。お役に立てれば幸いです。 ...

2019年はこちらです。

こんにちは、らら子です。 2019年7月から始めたこのブログ。記事もたまってきたので月別放送一覧を2019年バックナンバーにまとめてみまし...

ご参考になさってくださいね。





美の壺・放送予定。再放送はいつ? NHKオンデマンド登録で見逃し視聴もできます。

今回の『美の壺』初回放送は2019年06月28日(金)でした。番組内容もこの時点のものです。

放送スケジュールは2020年4月現在で、
Eテレ「美の壺・選」の放送は、日曜日午後11時~、再放送は毎週木曜日午前11時~です。
BSプレミアム「美の壺」は毎週金曜日午後7時30分~、再放送は毎週土曜日午前6時45分~です。

BS4Kは、BSプレミアムと同じ毎週金曜 午後7時30分で、再放送は回数が増えて、
日曜日午前6時45分、月曜日午後4時00分、金曜日午前9時00~の3回あります。
キレイな画質のBS4Kは美の壺のような番組にはピッタリですね!

NHKオンデマンドなら月額の見逃し見放題パックや単品視聴ができます。月々500~600本の番組が放送当日または翌日から見られます。

最近では「ないエンタメがない」がキャッチコピーのU-NEXT(ユーネクスト)も話題ですね。最初の31日間は無料おためし期間だそうです。





【参考サイト】

番組公式ページ https://www.nhk.jp/p/tsubo/ts/3LWMJVY79P/
NHKオンデマンド https://www.nhk-ondemand.jp/
NHK クロニクル  https://www.nhk.or.jp/archives/chronicle/
NHKの旧美の壺詳細サイト https://www.nhk.or.jp/tsubo/program/