161回直木賞受賞!大島真寿美(おおしまますみ)さんWiki的プロフ:『渦 UZU  妹背山婦女庭訓 魂結び(うず いもせやまおんなていきん たまむすび)』

こんにちは~。らら子です!

人形浄瑠璃文楽を題材にした時代小説『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び(うず いもせやまおんなていきん たまむすび)』が161回直木賞受賞おめでとうございます!

作品は、人形浄瑠璃の脚本家で、『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』の作者、近松半二(ちかまつはんじ)の物語。ライバルでもある歌舞伎狂言の脚本家、並木正三(なみきしょうぞう)との友情関係も描かれています。

著者の大島真寿美(おおしまますみ)さんとはどんな方なのか?
モチーフとなった『妹背山婦女庭訓』とはどんなお話なのか?作者の近松半二(ちかまつはんじ)とはどんな人なのか?近松門左衛門(ちかまつもんざえもん)との関係は?
などなど、いろいろ迫っていきたいと思います。

人形浄瑠璃って何?って方はこちらもみてくださいね。

文楽とは?人形浄瑠璃とは?ユネスコにも登録された世界一の人形劇!意味や読みをわかりやすく解説

大島真寿美さんのWiki的プロフ:出身、経歴、受賞歴は?『妹背山婦女庭訓』との出会いとは?

大島さんは、愛知県名古屋市の生まれ。
はじめは脚本家でしたが、小説家に転向して著書多数。

誕生日:昭和37(1962)919
出身地:愛知県名古屋市

[略歴]

  • 平成4(1992)年『春の手品師』で文學界新人賞受賞。
  • 平成24(2012)年『ピエタ』が本屋大賞第3位。
  • 平成26(2014)年『あなたの本当の人生は』で第152回直木三十五賞候補
  • 令和31(2019)年『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』で第161回直木三十五賞受賞。
  • 豊竹呂太夫に義太夫を習い、平成31(2019)年発表会に出演 

 

文楽の『妹背山婦女庭訓』は人気の演目で、文楽でも歌舞伎でもたびたび上演されています。東京の国立劇場小劇場では、令和元年に入ってすぐ、20195月に、全編上演されました。

 その時の公演パンフレットの『文楽随想』というコーナーに、大島真寿美さんが「『妹背山女庭訓』の渦巻く力」というエッセーを載せています。

それによると、大島さんは4年前に突如『妹背山婦女庭訓』モチーフに小説を書こうと思い立ち、資料を集めたり探したり、いろいろ読んだり、演者さんに話を聞いたり、あちこち調べに行ったり取材を始めました。
偶然にも、書こうと思った直後に、国立劇場小劇場で『妹背山婦女庭訓』の後半部分(井戸替えの段から入鹿誅伐の段)が上演されます。

 

あ、平成27(2015)9月!らら子もそれを観ました!
らら子は、きっと、ボーっとしてたんでしょうねぇ。

 

歌舞伎では見たことがあったけど、文楽初体験の大島さん。文楽は想像以上に楽しく、ヒロイン「お三輪ちゃん(おみわちゃん)」と魂と魂でつながったような錯覚を覚え、興奮して身体が震えてしまったといいます。その時に「書ける!」と確信してこの作品が生まれたということです。

らら子も見てたのになー。何も生まれなかったわ(´・ω・`)

豊竹呂太夫さんの元で義太夫のお稽古も!

文楽と出会ってから、豊竹呂太夫さんについて義太夫節も習っているそうです^^

呂太夫さんの「発声ゼミ」という教室があるのですね。取材の一環で義太夫節を一日体験したつもりが、いつの間にか毎月のお稽古に通うようになったそうです。人前に出るのが苦手なのに、発表会にも出たそうです。

すばらしい~!文楽の愛の力ですね。

師匠の呂太夫さんのプロフィールはこちらに詳しく書いてありますー。

こんにちは! らら子です。 今回は、「第54回大阪市市民表彰」も受賞し、人間国宝に一番近いのでは?とウワサされる豊竹呂太夫さんを紹介し...

才能のある人同士ひきあうってことでしょっか?すごいです~。

呂太夫さんは、大島さんの小説を読んで近松半二と友達になったような気持ちだそうですよ。

うーん、300年も前の作者と作品がこうして現代に息づいてくるって面白いですね。

大島真寿美さん改めておめでとうございます。
この受賞が文楽人気にもつながりますよう(^o^)

らら子でしたー。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする