吉田和生(よしだ かずお)さん:人間国宝のWiki的プロフ:愛媛新聞にコラム開始!2019年春の叙勲も!

こんにちは! らら子です。

今回は、文楽人形遣いの吉田和生(よしだかずお)さんをご紹介します!

和生さんは人間国宝。そして2019年春の叙勲で旭日小綬章(きょくじつしょうじゅしょう)という勲章をもらいました!

この投稿をInstagramで見る

国立劇場(東京・半蔵門)さん(@nationaltheatre_tokyo)がシェアした投稿

上の画像の右側が吉田和生さん(左側は桐竹勘十郎さん)です。

2020年1月からは愛媛新聞の日曜日の大型コラム「道標 ふるさと伝言」の執筆者に選ばれました。任期は1年間の予定です(出典:https://www.ehime-np.co.jp/article/news201912270124)。

どんなお話が読めるのか、楽しみですね。

さて、新聞記事には略歴が載っていますが、和生さんどんな方なんでしょう?
さっそくプロフィールを見ていきましょう。





吉田和生さんのプロフィール、年齢や出身、芸歴は?

誕生日 昭和22(1947)年7月28日
出身地 愛媛県
本名 荻野恒利

[芸 歴]

  • 昭和42(1967)年 7月 吉田文雀(よしだ ぶんじゃく)に入門文楽協会人形部研究生となる
    • 吉田和生と名のる
  • 昭和43(1968)年 4月 大阪毎日ホールにおいて初舞台
  • 平成29(2017)年10月 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される

[受賞歴]

  • 昭和56(1981)年 8月 昭和55年度因協会奨励賞
  • 昭和62(1986)年 7月 昭和61年度因協会奨励賞
  • 平成 3(年 1月 平成2年度文楽協会賞
  • 平成 4年 1月 第11回(平成3年)国立劇場文楽賞文楽奨励賞
  • 平成12(2000)年 7月 平成11年度因協会賞
  • 平成16(2004)年 1月 平成15年度大阪文化祭賞
  • 平成18(2006)年 3月 第25回(平成17年度)国立劇場文楽賞文楽優秀賞
  • 平成26(2014)年 3月 第64回(平成25年度)芸術選奨文部科学大臣賞
  • 平成26(2014)年 6月 愛顔(えがお)のえひめ文化・スポーツ賞
  • 平成27(2015)年 3月 第34回(平成26年度)国立劇場文楽賞文楽大賞
  • 平成29(2017)年11月 平成29年度 兵庫県文化賞(伝統芸能)
  • 平成29(2017)年11月 第30回関西・こころの賞(特別賞)
  • 平成30(2018)年11月 第53回大阪市市民表彰
  • 令和 1(2019)年 5月 旭日小綬章 文化財保護功労

[その他]

  • 大阪樟蔭女子大学非常勤講師

和生さんは愛媛県の生まれ。20歳の時に吉田文雀さんに入門し、吉田和生となります。師匠の吉田文雀さんは、戦後文楽の発展、復興に尽力した人物で、文楽や伝統芸能への知識の豊富さで博士とあだなされた方です。

人形遣いの吉田玉男さんや、桐竹勘十郎さんとほぼ同期だそうです。今をときめく主役級の3人が同期だなんて、なんか胸アツですね。

総なめというった感じで次々と受賞を重ねられています。




吉田和生さん令和初2019年春の叙勲で旭日小綬章受賞

和生さんは、令和初となる春の叙勲で、旭日小綬章(きょくじつしょう)を受賞することになりました。記念すべき令和元年は、他に俳優の市村正親さんやジャズトランぺッターの日野皓正さんも受賞しています。

旭日小綬章っていうのはどのくらいすごいのか調べてみました。

日本の栄典「旭日章」のうち、勲四等位置づけられる勲章。国や公共に対して功労のある者、とりわけ顕著功績のある者に贈られる春秋の年2回、おおよそ数十程度授与されている。

文楽という伝統芸能を通して国に貢献したことが認められたんですね。

おめでとうございます!!




吉田和生さんの入門のきっかけは?特技や趣味は?インスタグラムやTwitterは?

和生さんは、手を動かすのが好きで、職人さんになろうかと思っていたそうです。

人形を作る職人さんになろうかと思って、話を聞きに行ったら、名人の吉田文雀(よしだぶんじゃく)さんに入門することになったのが20歳の時。

つまり、人形遣いになりたかったわけじゃないんですね。おしゃべりが苦手なので、人形遣いならしゃべらなくていいと思ったそうです。

運命の出会いだったのかもしれません。文楽の女神様ほほ笑んじゃいました。

でも、人形遣いになって、大学の講師をつとめたり、人間国宝になったり勲章をもらったりしたら、人前で話さないわけにはいかないですよね。

和生さんのTwitterやインスタグラムは探してみても見つかりませんでした💦
吉田和生(ai)さんという女優さん?とか、同姓同名さんはたくさんいたんですけどねー。

無口な和生さん。

Twitterやインスタなら楽しい投稿してくれるかも??




中村壱太郎(なかむらかずたろう)さんに「人形振り(にんぎょうぶり)」を指導

2019年の国立劇場 6月歌舞伎鑑賞教室で、『神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)』が上演されました。今回は、45年ぶりに人形のような動きをする演出「人形振り(にんぎょうぶり)が取り入れられて話題になりました。

人形振りをするのは、人気急上昇中の中村壱太郎(なかむらかずたろう)さん。

生身の人間なのにわざわざ人形の振りをするって大変。もちろん歌舞伎の中での振り付けなので、ふつうは歌舞伎の先輩に習うのがでしょうが、吉田和生さんが、壱太郎さんに人形振りを指導しました。

中村壱太郎さんの祖父は、人間国宝の坂田藤十郎(さかた とうじゅうろう)さんです。
和生さんの師匠・吉田文雀さんと坂田藤十郎さんが親しかったのと、たまたま文楽の公演期間と歌舞伎のお稽古期間が重なったということで、夢のコラボが実現したそうです。





らら子的萌えポイント

吉田和生さん。学者肌っていうか、大学の先生みたいだなーと思って舞台を拝見しています。いぶし銀みたいな感じです。和生さんの遣う、老け女方(ふけおやま=おばさん役)が好きです。ほかにも品のある役がぴったりの方です。
これからもお身体にお気をつけてますますのご活躍をお祈りしております。


参考にさせていただいたサイト:

公益財団法人 文楽協会 https://bunraku.or.jp/index.html

【一聞百見】編集委員・亀岡典子が聞く/吉田和生さん(71)文楽人形遣い/文楽が描く人の情、次代に https://www.sankei.com/premium/news/190426/prm1904260003-n3.html





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする