初心者さんいらっしゃい!はじめてでも楽しめる!文楽へ行こう!人形浄瑠璃への誘い!

こんにちは、らら子です!

みなさん、文楽(ぶんらく)、見たことありますか?

なんか、伝統芸能だってことはわかるけど難しそう、高尚そう、って思いませんか?

思いますよね。行く人はみんなセレブ?みたいな。

ここで文楽ラブ♡を語っているらら子も、初めての時がありました。こほん。

そして、ハードル高そうって思ってました。

ところが、たまたま伝統芸能にくわしい友達と話してるとき、

周りの人たちが行きたい行きたーいっていうので、流れで見に行くことになりました……。

↑その場で断れないタイプ(ドキドキ

文楽とはどういうモノ?

「文楽行こうよ」と言われて、よくわからないのでしらべました。

文楽は、義太夫節、三味線、人形による三位一体の舞台芸術であり、しかも一つの人形を三人遣い(づかい)で演ずるものである。

えーーっと。ザックリ言うと、あやつり人形劇。

演じる人は3パートに分かれてて

三味線(しゃみせん)の伴奏に合わせて

太夫(たゆう)がストーリーを説明したりセリフをしゃべったりする

これが浄瑠璃(じょうるり)

それで、浄瑠璃にあわせて人形遣い(にんぎょうづかい)が人形をあやつる

だから「人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)」

文楽という名は、古くから人形浄瑠璃を上演してきた数ある劇場、上演集団のうちの一つで植村文楽軒(1737-1810)という人の創始した文楽座に由来するが、こんにちではこれが人形浄瑠璃の代名詞のようになっている。

むかしは、文楽座というところでやって人気が出たので「文楽」ともいう。

だから、本来は「人形浄瑠璃文楽(にんぎょうじょうるりぶんらく)」

ほんとはもっと詳しい歴史があるけど、つまり人形劇。

もう少し詳しい説明はこちらの記事をごらんくださいね。

文楽とは?人形浄瑠璃とは?ユネスコにも登録された世界一の人形劇!意味や読みをわかりやすく解説

日本を代表する伝統芸能の一つで、ユネスコ無形文化遺産でもあるって、
えーっと、私なんかが行っていいんでしょうか、おずおず……

と思いながら向かった国立劇場小劇場。



初めて見た文楽は、ぶっとんだ人形劇でした!!超クール。

友達にまきこまれて予習もそこそこに観に行った文楽、またの名を人形浄瑠璃は、ぶっとんだ人形劇でした。

ええええ!なにこれ面白ーい!

人形が空を飛ぶ!顔が変わる!大蛇が出てくる!黒衣が舞台でわさわさ動いてる!

三味線がベーンベーンとなって身体に響くし。

太夫の語りもいろんな声を演じ分けててすごい。

出演者もなにげにイケメンぞろいだし。

いやー楽しかった。

なので、この面白さ、楽しさをみなさんにも体験してもらいたいと思いました。

最初からこのぐらいわかってたら楽しめるよってことを、

文楽観てみたいけど、身構えちゃってーっていう皆さんのために、

らら子がちょこっと文楽観劇についてお話します。

いえ、らら子さんのお話じゃなくて、もう少しちゃんと勉強したいわというかたは、こちらの記事もどうぞー。

文楽(人形浄瑠璃)の初心者におススメの本7冊。わかりやすい入門書をご紹介

堀口初音『上方伝統芸能あんない:上方歌舞伎・文楽・上方落語・能・狂言・上方講談・浪曲・上方舞』レビュー:まったく初心者の「つまずきポイント」を解消。コンパクトに早く概要を知りたい人におすすめ。



文楽はいつどこで観られるの?

周りで文楽を観に行ったよ!っていう人も聞かないし……。

そもそもどこでやってるんだか。

ていうか、見に行くまでは、どこでやってるかなんて思いつきもしなかったけど、

東京だと、国立劇場小劇場で観られます。

2月、5月、9月、12月で、12月は文楽鑑賞教室もあります。

大阪だと、国立文楽劇場で観られます。

1月、4月、6月(鑑賞教室)、8月(夏休み特別公演)、11月です。

その他に、地方公演であちこちのホールで観られるときがあります。

チケットは公式サイトで買えますよ。

くわしくはこちらをご覧くださいねー。

文楽(人形浄瑠璃)を観たい!いつ、どこで、どうやって?チケットの入手方法は?

ところで、文楽は小さいユニットで出張公演を頼めるそうです。

ちょっと奥様、ご自宅に文楽呼んでみませんこと??





チケット高そう…

チケットはあんまり高くないです。歌舞伎よりずっとお安いです!

たとえば、2019年5月公演だとこんな感じ。

1等席 7,300円(学生5,100円)

2等席 6,100円(学生3,100円)

3等席 1,800円(学生1,300円)

鑑賞教室はもっと安いです。

1等席でも5000円ぐらい?





難しそう。何を言っているかわかるの??

昔のことばだから、わかりにくいけど、ぜんぶのセリフが字幕で出るんです!

あとイヤホンガイド(600―700円ぐらい)もあります。

解説を聞きながら観られます。

でも、なんとなくわかるもんです。

ずっと深刻な場面だと息がつまっちゃうので、

ときどきコミカルなシーン(チャリ場)もあります。

そんな時は客席げらげら大笑い。





どこを楽しめばいいのかな…

そりゃ、お気に入りのところどこでも!です。

三味線聞きたい

太夫の語りを聴きたい

人形を見たい

イケメンを探したい!

なんか雰囲気を楽しみたい!

なんでもアリです!





ドレスコードはあるの?どんな服装していけば?

ありません(きっぱり!)

拍子抜けするぐらいみんなフツーのカッコです。

着物の人ももちろんいます。着物で文楽、すてきですよねー♡

でもヘアスタイルにご注意。頭モリモリだと後ろの席の人が舞台見えないので。

つばのある帽子もNGです。

あと、下駄とか、カツカツ音が出る靴とか、やめたほうがいいです。





文楽鑑賞のマナーは?

文楽だから特に気をつけなきゃいけないことはありません。

フツーの映画鑑賞や観劇と同じです。

・後ろの席の人のじゃまにならないように、前かがみや身をのりだしたりしない

・上演中はおしゃべりしたり、音をたてない

(ビニール袋のガサガサ音や鈴の音など、小さな音でもけっこう響きます(-“-)

・携帯電話やスマホの電源は切る上演中は使わない

・上演中、場内での写真撮影及び録音・録画はしない





準備をしておいたほうがいいことは?

上演時間が長いので、ラク~なかっこうがいいです。

休憩時間が30分ぐらいあって、その時間に食事をします。

お弁当を持って行ってもいいし、

食堂もあるし、売店でお弁当も売ってます。

お弁当は席で食べてもOK

あんまり、臭いの出ないものがいいと思います。

行く前に、ネットなどであらすじだけ見ていくといいかも。

オペラグラスを持っていくと便利です。

人形の表情とか衣裳とか細かいものも見られるので。





文楽ってもとは庶民のエンタテイメント。全然かたくるしくないです。

とまあ、いろいろ語ってまいりましたが、文楽はもともと庶民の娯楽。
ネットもテレビもない江戸時代に、ゴシップ大好き、ドラマ大好きな人たちのために作られた娯楽。

元ネタとなる浄瑠璃は歌舞伎でも上演されますが、歌舞伎に比べるとちょっと地味かなー。
舞台もこじんまりしているし、舞台の上も客席もアットホームな感じ。
演者さんはメイクしないので、休憩時間にふらりとロビーに現れたりしますし、
ぐっと距離が近いです。

ぜんぜん敷居高くないですよー。さあ、みんなレッツゴー文楽!





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする