美の壺「百花繚乱(りょうらん) タイル」」<File 449>銭湯やタイル職人は誰?銭湯やスポットはドコ?出演者情報もお見逃しなく!NHK美の壺

こんにちは~。らら子です。

今回のNHK 『美の壺』は、「百花繚乱(りょうらん) タイル」。

ひんやりすべすべ。カラフル、どこかなつかしいタイルがたっぷり出てきます♡

番組で紹介されたスポットやお店をご紹介。

いざ、ひんやりつやつやタイルワールドへ。



美の壺:放送内容、出演者情報

[番組予告]

床や壁などを華やかに彩る「タイル」。さまざまな色や形、並べ方次第で変幻自在に姿を変えるタイルのめくるめく世界をご紹介!

▽商店街は宝の山!タイル愛好家が選ぶ、レトロで貴重なタイルとは?

▽人気のタイル職人が手がける、モダンでスタイリッシュなタイルの壁とは?

▽タイルの町で受け継がれている、驚きの職人技とは?

▽タイルアートを鑑賞するなら銭湯へ!25万枚ものタイルによる壮大な富士山を堪能!

【出演】草刈正雄 木村多江(語り・ナレーション)



美の壺:タイル好きの西村さんと奥村さん

ステキなタイルを求めて街を歩く西村さんと奥村さん。
全国の町を訪ね歩きタイルを撮影しています。そのタイル愛が高じて写真集も出版。
足を入れて撮るのはサイズや床だという事を示すため。昔ながらの商店街がタイルの宝庫なんだとか。




美の壺:MEAT ARAI 新井精肉店 昭和11年創業の精肉店
http://haro.or.jp/shop/gourmet/araiseiniku

昭和11年創業 有限会社 新井精肉店 / 国内産黒毛和牛、国内産SPF豚肉、国内産鶏肉、お惣菜の販売店 / 1983年8月からのMETALLICAファン、観戦歴 初来日から海外公演も含め27公演 / NO LIFE ‘TIL MEAT !!!
出典:公式ツイッター

商品ケースの下に広がる色鮮やかなタイルの床。店主のお母さんが昭和50年ごろに張り替えたもの。店内の様子には、もれなく店主お気に入りのバンドのポスターが写り込みます^^

https://twitter.com/MEAT_ARAI/status/1171733084137373696



美の壺・一つ目のツボ 「共に時を重ねて」

6世紀ごろ中国から伝わったタイルは敷瓦などと呼ばれ寺院の内装などに使われましたが、木造建築が多い日本ではあまり普及しませんでした。

一般に広まったきっかけは大正12年の関東大震災。防火や耐震強度を高めるために鉄筋コンクリートとともにタイルが広く使われるように。昭和に入るとタイルは 芸術品に姿を変えます。



美の壺:東京国立博物館(トーハク)池田泰山 のタイル
https://www.tnm.jp/

昭和13年に開館した東京国立博物館。ラウンジの壁一面に輝くのは空想の花 宝相華。タイルの名工と呼ばれた池田泰山の作品です。

池田泰山は昭和初期、建築の近代化が進む中、泰山製陶所を率いて「泰山タイル」を世に送り出しました。



美の壺:タイル職人 白石 普 (しらいし あまね)さん
アトリエ Euclid(ユークリッド)http://euclid-inc.jp/

白石 普(しらいし あまね)
白石普タイルワークス代表。
アトリエ Euclid(ユークリッド)主宰。
芸術家一家に生まれ幼少より美術、芸術に親しみ、
イタリア留学やモロッコのモザイク工房での経験を生かし、
デザインからタイル制作、施工まで行う異能のタイル職人。
出典:チルチンびと広場 https://www.chilchinbito-hiroba.jp

「家の真ん中の壁をタイル張りにしたい」という依頼が舞い込みました。
白いタイルの隙間からのぞくポップな色彩の三角形。
色の面積を抑えながらも華やかで表情豊かな壁になりました。



美の壺・二つ目のツボ 「小さなピースが千変万化」

岐阜県多治見市笠原町。この町は もともと美濃焼で栄えました。
昭和20年代になると窯元は次々とタイル工場へ姿を変えていきました。

当時 全国のタイルの8割がこの町で作られていたのだとか。

モザイクタイルミュージアム
https://www.mosaictile-museum.jp/

タイルの町多治見市笠原町のモザイクタイルミュージアムは町のシンボル

加藤郁美さんの『にっぽんのかわいいタイル』(国書刊行会)でも紹介されています。



最後のツボ 湯船で楽しむ タイルの名画

美の壺 京都府上京区 源湯
https://twitter.com/minamotoyu_kt?s=17

湖畔の絵がひろがる銭湯



美の壺 東京都板橋区 愛染湯(あいぜんゆ)
https://twitter.com/aizenyu?s=17

竹内栖鳳氏の絵をもとにした天女のモザイク画「散華(さんげ)」がある銭湯。



美の壺 大蔵湯(おおくらゆ)
http://ookurayu.com/

金色の富士山のモザイク画がある銭湯

よもぎ湯やレモン湯なども楽しめるそうです。




美の壺 今井健太郎(いまいけんたろう)さん
今井健太郎建築設計事務所
https://imai88.jp/works/okura.html

今井健太郎さんは建築家で銭湯デザイナー。銭湯の設計から内装まで全てを手がけています。

今井健太郎

1967 静岡県生まれ
1992 武蔵野美術大学大学院造形研究科卒業

温浴施設全般及び、付帯施設に関わる設計業務、工事監理業務。
出典:公式サイト



美の壺・合わせて読みたい

美の壺【バックナンバー・予告】2019 年9月:NHK美の壺[BSプレ・Eテレ]まとめ:番組紹介のお店や場所はココ!出演者情報もお見逃しなく

美の壺【バックナンバー】2019 年8月:NHK美の壺[BSプレ・Eテレ]まとめ:番組紹介のお店や場所はココ!出演者情報もお見逃しなく

美の壺【バックナンバー】2019 年7月:NHK美の壺[BSプレ・Eテレ]まとめ:番組紹介のお店や場所はココ!出演者情報もお見逃しなく



美の壺・放送予定。再放送はいつ?

NHKオンデマンド登録で見逃し視聴もできます。
今回のEテレ「美の壺・選」の初回放送は2018年7月13日。
番組内容もこの時点のものです。

Eテレ「美の壺・選」の放送は、日曜日午後11時~、再放送は毎週木曜日午前11時~です。
「美の壺」はBSプレミアムでも放送していて、こちらは毎週金曜日午後7時30分~、再放送は毎週土曜日午前6時30分~です。
NHKオンデマンドなら月額の見逃し見放題パックや単品視聴ができます。月々500~600本の番組が放送当日または翌日から見られます。

【参考サイト】
番組公式ページ https://www4.nhk.or.jp/tsubo/
NHKオンデマンド https://www.nhk-ondemand.jp/
NHK クロニクル  https://www.nhk.or.jp/archives/chronicle/



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする